鞄の歴史研究 - Japanbag.com | 1901年(明治34年) 東京高等商業学校の「皮革賣買慣習取調報告」

一橋大学機関リポジトリ(HERMES-IR)に、1901年(明治34年) に発行された、東京高等商業学校の「皮革賣買慣習取調報告」というレポートがありました。

この報告書は、一橋大学の前身である高等商業学校に在籍していた優秀な生徒に、夏季休暇中に旅費などを与えて各地の商工業の様子をレポートさせるというもので当時「修学旅行」と呼んでいたようです。

明治三拾四年
皮革賣買慣習取調報告
本科三年生
稲村修三

http://jairo.nii.ac.jp/0032/00005447

この資料の位置付けについては、一橋大学附属図書館研究開発室年報の論文「東京高商の修学旅行とその報告書」(杉 岳志 2013/3)を参照してください。

中身はというと、36ページに及ぶ力作のレポートで、若者が独力で調査したにしてはかなり詳しいもので、当時の皮革の輸入状況等を伺うことができます。毛筆縦書きで、読みにくいので解読するだけでも骨が折れますが。目次だけ少し書いておきます。

第一章 産地及産額
第二章 種類
第三章 製造法
  第一節 熟皮の製法
  第二節 鞣皮の製法
  第三節 毛皮の製法
   附記 比較の黴を防ぐ法
第四章 輸出入 額
第五章 清印韓の貿易
第六章 荷造及相場の建方
第七章 内地集散の状況
第八章 売買慣習
  第一節 内地に於ける慣習
   第一 屠殺場より製造者若くは問屋の買入るる手続
      毛皮の内地に於ける慣習
   第二 商■買        ←商館?
   第三 商■売        ←商館?
   第四  輸入

  第二節 外国に於ける慣習
   第一 印度に於ける慣習
   第二 支那に於ける慣習
第九章 用途

鞄に関する言葉は最後の方に「カバン」として登場します。明治34年の報告書ですが片仮名で書かれています。

第九章 用途
皮革の要とは主として馬具、引具、靴、カバン■籍
及其他軍用品なりとす(以下略)

(c)Copyright 2016, Hiroshi Ohtagaki All right reserved.