広告

リンク集検索


コンテンツ検索


広告

Who's Online

  • 0 Members.
  • 0 Guests.

鞄関係ブログ更新情報


ビジィ・ビーバー閉店とネット投げ売り

2015/12/30 17:32:27 by 太田垣

2015年9月に、銀座のビジィ・ビーバーショップが閉店してから、ネットの方もかなりの数の商品が60%OFFとかで販売されている。
てっきりネット販売で継続するのだと思っていたのだけど、もしかして在庫を一掃したあと、もう生産しないのだろうか?

情報が少なくてよくわからないけど、ちょっと不安です。

鞄関係の話題 | コメント0件 |

この記事へのトラックバック=>http://japanbag.com/2015/12/2381/trackback

「鞄談義2」販売店リスト 11/20現在

2015/11/23 21:52:21 by 太田垣

鞄好きの人が集まって好き勝手(笑)に鞄の事を書き偏愛と言う名の愛に満ち溢れた本「鞄談義」の第2号『鞄談義2』が出版されました。既にいくつかのお店でじわじわ販売が始まっています。今のところ、書店、Amazon等では販売していないようです。版元のフェルマー出版に問合せて、入手可能なお店のリストを入手しましたので、ネットで調べた取扱店と合わせて掲載しておきます。

鞄談義2 表紙の写真

(撮影:ル・ボナー松本佳樹さん)

注 2015/11/20現在の状況です。今後、取扱店が増えるかもしれませんし、既に売り切れて取り寄せ中かもしれません。あるいはそろそろ売る準備をはじめようかな、というお店もあるかもしれません。お店に見当たらない場合は、一度、お店の人に聞いてみてください。

取扱店の並びは五十音順です。

 ◆株式会社猪瀬
  (場所:東京都葛飾区堀切7-24-5)
  ※鞄メーカーなので、実店舗やショールームは無く、小売もやっていません。ご注意ください。
 ◆ORTUS
  (場所:東京都中央区銀座1-24-5 パークサイド銀座2F)[MAP]
   
◆くさかカバン店
  (場所:札幌市中央区南3条西8-7-3)[MAP]
  ブログによると通販でも受け付けてくれるようです。
◆黒川鞄 総曲輪本店
  (場所:富山市総曲輪3-6-15-8)[MAP]
   銀座店(週末のみ営業)にもおいてあるそうです。
   
◆有限会社ケイズファクトリー
  (場所:中央区銀座2-11-11 第2銀座ヤマトビル6F)
  ※ケイズファクトリーは、WILDSWANSやC.O.Uショップを運営している会社です。
   店舗での取り扱いについてはご確認ください。
   前回はC.O.U銀座、京都等で取り扱いがありました。
◆Designer Leathers GO
  (場所:埼玉県川口市中青木1-7-24 トーカンマンション川口第3-302)[MAP]
   ※通販も受け付けているようです。ブログの記事も参照ください。
◆五十音
  (場所:東京都中央区銀座4-3-5 松輪ビル1F)[MAP]
  
◆CIRCLE
  (場所:東京都港区南青山6-15-1 アパルトマン青山1F)[MAP]
   ※ページ内の写真も少しあるブログ記事によると通販も受け付けているようです。
◆万年筆の三光堂
  (場所:名古屋市東区矢田5-1-17)[MAP]
   
◆BAGERA
  (場所:神戸市灘区上野通3-13-1[MAP]
   
◆レザークラフトPhoenix
  (場所:大阪市浪速区敷津東1-4-17)[MAP]
   
◆Fugee
  (場所:東京都豊島区要町1-24-8)[MAP]
   
◆Pen and message
  (場所:神戸市中央区北長狭通5-1-13ベルビ山手元町1F)[MAP]
   オンラインショップにはまだPart1の『鞄談義』しか並んでいませんが、そのうちリストされると思います。
◆PEN LAND CAFE
  (場所:名古屋市中区大須2-17-17)[MAP]
  ※アクセスすると、陽気な音楽が流れます。仕事中にこっそりアクセスしている人はご注意!
◆ル・ボナー
  (場所:神戸市東灘区向洋町1-18 MSMイースト)[MAP]
   ブログにもあるとおり、ル・ボナーでは店頭販売のみですが、直接お店で買って松本さんとおしゃべりすると本の内容が10倍楽しめるという特典があります。

これ以外に、Part1『鞄談義』を取り扱っていたフルハルターさんやブンドキドットコムさんでもたぶんいずれ取り扱いがあると思います。

通信販売ご希望の方は、上記通販取扱店舗の他、出版元のフェルマー出版社でも販売しています。直接申し込みたい方は、フェルマー出版社の「中谷でべそ」さんまでご連絡をお願いします。お問い合わせメールアドレスは、fuente_penアットマークyahoo.co.jp です。『鞄談義2』の前に出版された、パート1『鞄談義』も若干数在庫があるとのことです。これを機会に2冊揃えてみてはどうでしょうか?

あと、この本をお読みになって他の人にも勧めたくなってしまった本屋さん、文具屋さん、こだわりのレザーショップや鞄店、万年筆専門店さんなどからのご連絡も待っておられるようです。

鞄関係の話題 | コメント0件 |

この記事へのトラックバック=>http://japanbag.com/2015/11/2357/trackback

K-mix (静岡FM)さんらか電話取材がありました

2015/9/28 13:41:37 by 太田垣

久しぶりにメディア取材を受けました。

K-mix(静岡エフエム)さんのラジオ番組「K-mixおひるま協同組合」の中で、明日9月29日(火)に、カバンに関するトークがあるということで、電話で10分くらい取材を受けました。たぶん「井戸端会議」というリスナーに毎日お題を出してメッセージを読むコーナーでのネタ元になるみたいです。

「できれば電話で出ていただけませんか」ということでしたが、さすがに仕事中なので、泣く泣くお断りしました。どんな話になるのか、私は聞けませが、ちょっぴり興味があります。

11:30~14:55の間の番組ですので、静岡近辺の方、K-mixにあわせてみてください。

鞄関係の話題 | コメント0件 |

この記事へのトラックバック=>http://japanbag.com/2015/09/2351/trackback

最近、スーツケースの話題をよく目にします

2015/9/13 0:42:53 by 太田垣

最近、TV等でスーツケースの話題をよく目にします。

今日も、大阪MBSローカルの「せやねん」で、エースのProtecA360を特集していたし、夜はSmaStationで机になるスーツケースや、キックボード付のスーツケース等が紹介されていました。

もしかして9月のシルバーウィークが海外旅行のハイシーズンとして定着するのでしょうか。

ProtecAの製品はデザインも機能も意欲的で、つまらん海外のハイブランドを買うぐらいならProtecAをチョイスしたいところです。(仕方がないけど値段がやっぱりハードル高いです)


ACE ProtecA 360。 360度どこからでも開けられる。

Micro Mobility社のキックボード付スーツケース”Micro Luggage”はMicro Mobility社とSamsonite社の共同開発製品です。類似品が出回っているのでご注意。

鞄関係の話題 | コメント0件 |

この記事へのトラックバック=>http://japanbag.com/2015/09/2326/trackback

Northface Fuse boxやら防災バッグやら

2015/7/5 18:11:11 by 太田垣

最近、学生でNorthfaceのFuse boxを持ち歩いている人、多いですね。男子も女子も。
たしかに教科書とか副教材を入れるにはいいかもしれないし、小学校のようにランドセルが便利だと思っていた人には使いやすいかもしれないな。
自転車の前かごに部活道具を入れて、背中にNorthface背負うとか。

しかし、使いやすいかといったらどうなのかなぁ。上の部分をぐるっとジッパーで開いてしまうと、底の深い箱になってしまうので、小物は出し入れしにくいかも。上フタの裏側のメッシュ部分とか、リュックの上の方にサスペンドする小物入れとか、タウンユース向けの工夫もいろいろあるので使い方次第かもしれません。

なぜFuse boxに目が留まったのかというと、そろそろ玄関においてある防災セットの中身の入れ替え時期で、備品を点検したり、賞味期限が短くなっている食料品などを交換したりしていたからなのです。防災セットとして買ったときには市販でだいたい1500円くらいの30リットルほど入るリュックに備品が詰め込まれていたのですが、もうこれ以上他に入らないというほどきっちりに詰め込まれていて、なんとも窮屈な状態だったのです。

まぁ、1セットで2万円もしない防災セットなので仕方がないのですが、リュックにももう少し余裕がある方がいいかなぁと思ったりしていたのであります。

Northfaceに限らず、防災避難用としてはリュックよりも、背負えるドラムバッグのほうが使いやすいのではないかと思っています。持ち運んだあと、店を広げていろいろ作業をする時はリュックよりも背負えるドラムバッグのほうがよさそうな気がします。

特に従来のドラムバッグを改良してリュック機能を高めたNorthfaceのBC Duffel Rockは、57リットルで今のおおよそ倍ぐらいの収納力があってよさそうです。まぁ、ペットボトルなどをちょっと突っ込むような場所がないのがたまにきずですが。

あと、防災避難用としてローリングダッフルはどうなんでしょうか。
防災リュックはそれなりに重たいので、都市部での避難ではローラーがついていると意外と便利かもしれないなと思ったり。豪雨の場合はそもそもころがせないし、地震の場合は路面がガタガタで役に立たないかもしれませんが、津波のようないち早く走る場合には使えそうな気がします。実際、モンベルのエマージェンシーセットには、容量60Lのホイール付きトローリーバッグがあります。(残念ながらバッグだけでは売っていないみたい)

鞄関係の話題 | コメント0件 |

この記事へのトラックバック=>http://japanbag.com/2015/07/2319/trackback

« 前の記事