1889年(明治22年)8月 北越商工便覧 神林佐右ェ門

  • 公開日
  • 最終更新日
  • 投稿者太田垣

1889年(明治22年)の8月に、新潟の高田・刈羽地域の店舗や会社を集めた『北越商工便覧』(高田・刈羽版)が出版されています。

西洋小間物卸小賣商 高田横町 神林佐右ェ門
革盤類、蝙蝠仐、靴類、小間物、帽子類、卸小賣 神林店
かばんるい、かふもり仐、くつるい、こまもの、ぼうしるい、おろし、こうり、神林店

この店舗のイラストには、のれんと看板が描かれています。 看板には「革盤類、蝙蝠仐、靴類、小間物、帽子類、卸小賣 神林店」と書かれており 、のれんにはそれを平仮名にして「かばんるい、かふもり仐、くつるい、こまもの、ぼうしるい、おろし、こうり、神林店」と書かれています。 つまりこの時期1889年(明治22年)頃、都会では「鞄」という文字が広まってきていた頃、地方では未だに「革盤」と書いて「かばん」と読んでいたことがわかります。

PAGE TOP