鞄街道五十年、鞄街道百余年

鞄街道五十年と鞄街道百余年は、大日向善吉さんが著した本です。大日向善吉さんの仕事の半生を記録した本という側面が強い本です。東京鞄学会 鞄街道五十年は1959年に著した本で、大日向善吉さんは丁稚奉公の子供の頃より鞄産業に携わり続けてきた人です。明治黎明期の人々を知っている最後の世代が書き残した記録であり、彼の記憶を元に書かれた当時の鞄の図絵は貴重なものだと言えます。

目次 / (0004.jp2)
小序 / 1 (0006.jp2)
丁稚奉公 / 3 (0007.jp2)
問屋の店員生活 / 9 (0010.jp2)
貨幣の変遷 / 20 (0016.jp2)
江戸つ子職人 / 22 (0017.jp2)
東北地方の趣味と味覚 / 24 (0018.jp2)
過去を返り見て / 25 (0018.jp2)
独立 / 29 (0020.jp2)
社会活動のいろいろ / 40 (0026.jp2)
東京学鞄会 / 43 (0027.jp2)
東京鞄商工同業組合 / 62 (0037.jp2)
東京鞄工業組合 / 64 (0038.jp2)
豚箱 / 83 (0047.jp2)
企業整備 / 90 (0051.jp2)
価格査定委員会 / 91 (0051.jp2)
統制組合 / 93 (0052.jp2)
全国鞄工業組合聯合会 / 94 (0053.jp2)
東京鞄商工協同組合 / 104 (0058.jp2)
鞄嚢納税組合 / 109 (0060.jp2)
風天病院 / 112 (0062.jp2)
東京鞄会館 / 117 (0064.jp2)
東京人と大阪人 / 124 (0068.jp2)
鞄の歩み五十年 / 127 (0069.jp2)
次代を背負う人々 / 151 (0081.jp2)
揷話 / (0083.jp2)
鞄やと草津亭 / 155 (0083.jp2)
先輩の秘事 / 158 (0085.jp2)
親しき友 / 159 (0085.jp2)
酒と業界人 / 162 (0087.jp2)
野球と業界 / 165 (0088.jp2)
旧主を偲びて / 167 (0089.jp2)
儲けて優遇 / 170 (0091.jp2)
変り種 / 171 (0091.jp2)

(c)Copyright 2016, Hiroshi Ohtagaki All right reserved.