1874年(明治07年)04月22日 曹長背嚢之儀別紙之通リ国司中佐ヨリ伺出候ノ件近衛局ヨリ本省ヘ伺

1874年(明治07年)04月22日の陸軍省の「公文別録・陸軍省衆規渕鑑抜粋」という文書に「曹長背嚢之儀別紙之通リ国司中佐ヨリ伺出候ノ件近衛局ヨリ本省ヘ伺」という文書があります。

https://www.digital.archives.go.jp/das/image/M0000000000001695045

この時代、背嚢は「脊嚢」と書いていたり、同じ文書内でも「背嚢」と「脊嚢」が混在しているものがあるのですが、文中ではすべて背嚢にしています。

文意は多分以下の様なものです。

士官は帯剣すべしという指令があったので周知した所、背嚢も士官同様の必需品だという話になった。どうしたらいいのか教えてほしい。急いでいます。というお伺いをしたところ、曹長は下士官の背嚢を使い、普通の練兵の際には他の兵と同じように自分で背負うこと、ただし遠征などの場合は、運搬車に載せてもいいこととするとの返事になった。

七年四月廿ニ日
  近衛局より本省へ伺
 曹長背嚢之儀別紙之通り國司中佐より伺出候に付
 如何為致可然○何分之儀御指令被下度此段相伺候
 也
 別紙
  歩兵聯隊附中隊附曹長工兵小隊付曹長帯剣可致
  云々衆知致し候處背嚢は士官仝様之要具相用可
  然哉何分至急御指令被下度此段相伺候也
 指令 七年四月二十八日
  伺之趣曹長は下士一般の背嚢可相用事
   但士官背嚢を負擔する場合に於て曹長も負擔     擔=担
  勿論に候得共平常練兵には負擔に不相及出征
  行軍の節は○隊の運送車に付し輸送候儀と可      ○=該?
  相心得事 衆規渕鑑

(c)Copyright 2016, Hiroshi Ohtagaki All right reserved.