あなたも所有の吉田カバン(Wネーム・HEADPORTER含む)の使用レポートを投稿してみませんか?
投稿方法
ユーザーレポート作成:アサノさん
TOPページへJUMP
TOPページへJUMP
このページはユーザー投稿により作成されたページです。

ご意見、ご感想を掲示板に書き込んで頂けると嬉しいです。

MARSHALシリーズ(2003年S/S)

素材 ナイロンPVC加工・ターポリン(底等)。
色 ブラック、ベージュ、ネイビー

MARSHAL 741-06634
サイズ 360*590*210mm
定価 ¥34,500

買った理由
Webで見て、一目惚れしました。本当にそれだけです(笑)。別に用途も考えて居りませんが、普段持ちから旅行のお供まで、何でもこなしてくれそうです。


全体
全体の印象は、最近の吉田カバンのリュックはスマートなシルエットの物が多かったのですが、マーシャル06634はとてもふくよかです。使用されてる素材の種類が多いので、各素材が持つ質感の違いがグラデーションを織りなし、非常に好感が持てます。
外側から見えるポケットは計4つ。正面上部のメッシュポケット、下部のジッパーポケット、両サイドに深い作りのサイドポケット。

 

サイズ


率直に言って非常に大きいです。公称360*590*210mm。私は身長160センチなので、普段持ちはちとツライ。一度は店頭で購入を諦めた程。しかし、こんなにデザインが良くてこんだけ大きいリュックも珍しいので、購入してしまいました。
余談ですが、買ったお店の女性店員の方が「赤ちゃんも余裕で入りますよ」と仰ってました。ちなみに私は独身なので、その様な用途に使用する予定は当分有りません(笑)
背負い部


ストラップも背中のクッションも肉厚だけどとても柔らかく、重厚感と心地良さが両立しています。右手側に、メイン収納部にアクセスできるジッパーが有ります。大きく開く割に、縁でしっかり覆われているので、雨の進入はまず無いでしょう。私はお財布の出し入れに使用しています。
正面の2つのポケット


メッシュポケットは、サイドまで同素材が使われていますが、ポケットになっているのは正面に見える四角い範囲だけです。写真では携帯を入れてますが、実際には濡れても良い物しか入れられません。

ジッパーポケットの中には小ポケットが有り、小物の整理に便利。とてもシンプルで、容量も大きいので重宝します。ジッパー部を大きめの縁が覆っているので、雨の進入は心配なし。
サイドポケット


ターポリンという素材でしょうか、質感にとても好感が持てます。深さは結構有りますが大きさは、文庫本やポケットマップに丁度良い。ホックとマジックテープで口を閉じれば、小雨程度までなら平気なので、私はMDウォークマンを入れています(画像では、ポケットマップを入れて撮影しています)。
かぶせ


吉田カバンお得意のかぶせです。開くとファスナーが二つ有ります。背中側がメインの収納部で、正面側がサブ収納部です。

メイン収納部とメイン収納部ポケット


いつものポーターのロゴマークはここに隠されており、その下に「MARSHAL741-06634」と表記されたタグが付いてます。メインの収納部はシンプルな作りです。

背中側に深くて狭いポケットが一つ有り、A4雑誌は少し歪ませないと入りませんし、下に行くほど狭くなってます。サブ収納部がメイン収納部内に吊り下げられる格好で入ってます。
サブ収納部深さ


とても浅い作りで、このように雑誌もはみ出します。アクセスにも手間がかかりますし、あまり使わない物等しか入れていません。
底面


底面はこのような形をしています。収納より、体へのフィットを優先させた作りとでも言えますね。底面が広いので、リュック自体は自立出来ます。素材に防水性があり、好感が持てます。

アサノさんコメント

全体的に雨の進入に非常に気を使った作りで、全てのジッパーに縁を被せたり、裏地がゴムでコーティングされた素材等で防滴性を高めています。
また各所に使われているターポリンという素材は、半艶消し調の色合いや、重厚な手触りに非常に好感が持てます。
ただしターポリンは、やや傷が付きやすい感じがしますが、付いてもそれ程目立ちません。

各収納部には中の荷物を守るためのクッション等は一切無く、壊れ安い物を収納するには工夫が入ります。
個人的に残念なのが、A4サイズの書籍が動かずに収まるスペースが無いことです。
雑誌や教科書は一度A4ファイルに納めてからメイン収納部に入れる事になります。

以前スモーキーを購入した時、ジッパーには全て「PORTER」のロゴが刻印されていたので、少し期待しておりましたたが、マーシャルのジッパーは全て「YKK」と刻印されていました。ただし、ジッパー開閉のスムーズさではYKKの勝ちです。

若干の不満は有りますが、なによりデザインが気に入ってしまったので、毎日持ち歩いています。
少々デカ過ぎて、周囲からは「登山にいくの?」と聞かれますが気にしません(笑)。


吉田カバンコーナーへ 総合メニュー(TOPページ)へJUMP