月別アーカイブ: 2014年1月

ベスト・ダッフル・バッグ30選(続き)

米国Gear Patrolに載っていた、Best Duffels for All Budgets ベストダッフルバッグ30選の続きです。

http://gearpatrol.com/2013/05/20/best-duffel-bags/
今度は300ドル以上500ドル以下の10選です。なんと日本の吉田カバンがチョイスされています。

 

Porter 2Way Boston Bag

単にBoston Bagと紹介されていますが、ペンライトがついているという説明やが写真で見る限り、HEATシリーズです。エアバッグに使われている素材で耐熱性、耐摩耗性はバッチリと書いてあって、活火山の中で転んでも大丈夫というアメリカンジョークが続いています。

Nike Eugene Duffel Bag

 

ナイキのEugene Duffel Bagシリーズは、シーズンごとに少しずつ型を変えてリリースしているようです。最大の特徴は使わないときにぺったんこにしてコンパクトにまとめることができるところでしょう。

こちらのブログに、このシリーズのボストンバッグを買った購入レポートが載っています。

http://takenomotohidemaro.blog51.fc2.com/blog-entry-537.html

Tumi Alpha Large Soft Travel Satchel

 

TumiのAlphaシリーズです。Tumi Alphaはこの価格帯に2つエントリーされています。一つがこれで、シンプルでオーソドックスな形のボストンバッグです。しかし、底には5つの鋲が施されており、鍵を掛けることができる両開きのファスナー等、Tumi的なアプローチが随所に織り込まれています。

米国ではこのサイズは325ドルなんですが、日本のTumi公式サイトではLargeサイズは見当たらず、Small Soft Travel Satchelしか見つかりません。しかも54,000円。これでは500ドル以下の範疇に入りませんね。

Coast New Zealand Vomo 24 Hour Bag

 

珍しいニュージーランドの鞄メーカーCoast New Zealand。2004年にできた若いブランドで、日本では南青山のOut Scapeというお店で扱っているようです。

メインのラインナップはヨットやクルーザーの上などでくつろげるカウチソファーやベッドで、屋外仕様のサンブレラ生地を使ったものですが、このダッフルバッグはワックス・コットンです。

A.P.C. Leather and Canvas Holdall

 

Mr.Porterはロンドンに本社を置く販売会社で、女性向けにはNet-A-Porterというサイト、男性向けにはMr. Porterというサイトで様々なラグジュアリーブランドの洋服やアクセサリを取り扱っています。A.P.C.は日本でも有名なアーペーセー(Atelier de Production et de Création)のこと。残念ながら、Mr. Porterのサイトでは売り切れになっています。

 
 
 

Killspencer Classic Weekender 2.0

キルスペンサーはロサンジェルスのSpencer Nikosey氏が2008年から2009年にかけて立ち上げたバッグ&小物ブランド。現在は2013年6月に立ち上げたシルバーレイクの工房を拠点にして制作しています。INSTAGRAMにはクールな写真が沢山掲載されています。
 
 
 

Tumi Alpha Bravo Kessler Duffel

 

 

 

Lexdray Tahoe Duffel

 

これもまだ日本では無名のブランド。デザインはややダサい気もしますが、圧倒的な重量感で、体の大きなスポーツマンなんかが肩に掛けて歩けばインパクトがありそうです。もう少し小さなブリーフケースとかリュックとかは、PorterのHEATあたりに通じる雰囲気もあり、面白いブランドです。

Jack Spade Nylon Wing Duffel

 

ジャックスペードのナイロン生地のボストンバッグは、ナバホレザーの持ち手にニッケルメタルのファスナーやナスカンで統一感を出しています。

Ralph Lauren Canvas & Leather Weekender

 

ラルフローレンのウィークエンダーにはいろんな種類があります。高いもの(たとえばPurple Label Saddle Weekender Bag等)は70万円以上しますが、このキャンバス製のWeekenderなら安いです。紹介されているものは425ドル。先のジャックスペードと同じく、普段は鞄の両端を下に折りたたんでおき、荷物が増えたらこれを解除して収納量を増やせるようになっています。カーキ色の生地に茶色い革のコンビネーションは、どんな格好でも合わせやすく便利だと思います。

Lexdray Tahoe Duffel

 

Lexdrayは、日本でもUnited Arrowsをはじめ20店舗くらいのセレクトショップで販売しているメンズバッグブランドです。HPには「I’ve long been inspired by Japanese craftsmanship and superior fabrications.」などと書かれていますから、日本の鞄の品質や機能性、種類の多さなどに感じるところがあったのかもしれません。

ベスト・ダッフル・バッグ30選

米国Gear Patrolに載っていた、Best Duffels for All Budgets ベストダッフルバッグ30選という記事が、まとまっていて良い感じです。2013年5月の記事とあって既に市場にない商品もありますが、いずれも雰囲気があっていい感じです。

http://gearpatrol.com/2013/05/20/best-duffel-bags/
 

まずは300ドル以下のもの10選。日本ではあまり見慣れないブランドもあります。

Herschel Supply Sutton Duffel

ハーシェルのダッフルバッグは、外観は地味だけど基本性能を備えていて、しかも裏地は細かい赤と白のストライプでちょいとおしゃれ。

 

 

Topo Designs Orange Cordura Duffel Bag

 

トポデザインズ社製の1000デニールコーデュラナイロンで作られた丈夫なダッフルバッグ。

あまり日本では出回っていないみたいです。この会社は全製品メイドインUSAにこだわっており、このダッフルバッグもコロラド州で制作されています。米国製でありながら129ドルというお手軽な価格が魅力。

 
 
 

L.L. Bean Signature Men’s Zipper Duffle Medium

 

ここで紹介されているL.L. Beanのダッフルバッグは、日本では未展開のちょっと落ち着いた雰囲気のものです。それもそのはず、ワックス・キャンバス地に革を合わせた1934年に発売されたモデルの復刻版のようです。色目もHickoryとKindlingの渋い2種類。

 
 
 


Frost River Flight Bag

フロストリバーのバッグもミネソタ州で制作されているキャンバス地のバッグ。L.L. Beanのものと同じく、ワックス・キャンバス地なので、使い込むうちに独特のシワがオリジナルの表情を作ってゆきます。ホームページも雰囲気があって良い感じです。

 
 
 

Crumpler Spring Peeper Medium

日本でもカメラバッグなどで有名なクランプラーのボストンバッグです。米国のクランプラーのサイトにはもう載っていないので、投げ売り処分中の状態だと思います。

 

Fjällräven Canvas Duffel No. 4 Large

スウェーデンのアウトドアブランドフェールラーベンは、ミリタリーショップなどでも良く見かけるスェーデン軍御用達のアウトドアブランドです。紹介されているダッフルバッグも無骨な男のバッグです。

日本ではSSKが総代理店になっていて立派なフェールラーベンのウェブショップもあるのですが、キャンバス地のダッフルバッグは見当たりません。

下記画像はダッフルバッグではなくてリュックです…。

 
 
 

Billykirk No. 232 Duffel Bag

アメリカのメンズアクセサリメーカー、ビリーカークのバッグは革製のものが多いのですが、これはワックス・キャンバス地のバッグ。残念ながら、米国サイトのラインナップには既に見当たりませんでした。

ちなみに下記の画像はダッフルバッグではなく、ドクターズバッグです。

 
 
 

GORUCK Mil Kit Bag

これもアメリカのミリタリー系のバッグです。GORUCKの創設者がグリーンベレーに在籍したことがあり、その経験を生かしたバッグを作っています。このミル・キット・バッグも1000デニールのコーデュラで作られていて、ホームページには45キロの物を13時間持ち運んだりすると、それなりにボロボロになったと書いてあります。(そりゃそうでしょう)

日本にはまだあまり出回っていないブランドのようですが、かなり本格的なスペックなのでミリタリー系から火がつくかもしれません。

 
 
 

Longchamp Surf Nylon Large Duffel

ロンシャンのサーフナイロン・ダッフル。ロンシャンにしては珍しいマイクロファイバーの明るい色のバッグですが、これも既に公式サイトでは見つからず。

 
 
 

Filson Medium Duffle Bag

フィルソンのクラシックなダッフルバッグ。日本のフィルソンの総代理店ゴールドウィンのサイトには、Large Duffle Bagだけ確認できます。

 

高橋ゴローさん追悼

ル・ボナーさんのブログに原宿ゴローズの高橋ゴローさん追悼文がアップされています。独立系の鞄職人さんやデザイナーの中にはいろいろ影響を受けた方も少なからずおられるようです。

ゴローズのバッグ、あまちゃんの中にも出てきたのですね。

http://www.kabanya.net/weblog/2014/01/goro.html

 

2013年12月9日頃に亡くなられたらしいのですが、全国紙等のニュースにはなっていなかったようですね。ネット上にもいろいろ追悼文や惜しむ声が上がっていますね。

http://www.margoi.com/2013/12/blog-post_9426.html