月別アーカイブ: 2011年10月

年間$18で512GBのバックアップ。backify.comのLivedrive

backify.comというオンラインバックアップサービスを試してみたので、さっそくレポートします。

backify.comの最大の魅力は、価格と容量。年間$18(月額払いだと$3/mo)で512GBのバックアップ容量を提供してくれます。$36支払えば、なんと容量無制限で1年間使えます。

大地震などで写真や重要データがすべて流されてしまったというような話を聞くにつれ、クラウドへのオンラインバックアップもなんらかの形で利用者に浸透してゆくのだろうと思っていたところにこのサービスです。マイクロソフトなどは、画像や文書の共有を目的に、SkyDrive等の無料サービスを展開していますが、バックアップ専用というのはTrendmicro等ごく一部でした。

 

さて、backifyのトップページからサインインをすると、支払方法を訊かれます。支払いはカード支払いか、Paypalです。海外のサービスはPaypalが多いので、Paypalアカウントが無い方は、これを機会に作っておくと便利でしょう。paypalで支払いが完了すると、登録完了メールが届き、メールに書いてあるボタンを押して、アクティベーションするように促されます。手続きはこれだけ。

アクティベーションが終わると、専用ソフトのダウンロードページに誘導され、そのソフトをダウンロードします。Windowsは、XP、Vista、Win7が対象のようで、WIndows Server系に関しては記述がありませんが、たぶん動くんじゃないかと思います。

インストールそのものは、ソフトをインストールする過程で、パソコン内のどのフォルダをバックアップするのかを訊かれる程度で、迷う部分は一切ありません。あとは、PCの空き時間にちょろちょろと勝手にバックアップを取ってくれるみたいです。つまりソフトはPCに常駐し、ファイルが変更されると自動的にサーバー側も更新してくれるみたいです。

ソフトをセットアップすると、LiveDrive Control Panelというショートカットができます。これをクリックすると、いろいろなバックアップオプションを設定可能です。

クラウドにバックアップする際に使用する通信帯域の設定もできます。アップロードは無制限だけど、ダウンロードはXXKB程度にするといった設定が可能です。

PC中のさまざまなファイルのうち、表計算、文書ファイル、画像、音声、圧縮ファイルのどれを優先するのか等を設定できます。

また、変更があったファイルを何時間ごとにチェックするかというオプションもあり、最短はリアルタイム、それ以上は1時間から99時間まで可能です。バックアップに使用する時間帯も指定できるので、使わないときにバックアップするように設定可能です。

あと、基本的にはバックアップユースなのですが、クラウドに上げたデータを他人とシェアする機能もあります。

FAQによれば、1コンピュータ、1アカウントで使うように設定されているようで、Backify Pro Suite packageだと5台まで使えるようです。

ただ、過去の古いデータをたとえば月別にバックアップ側にアーカイブしておくなどの、世代バックアップの取り方については存在しないようです。ファイル名に世代がついていて、1ファイルずつ、特定の世代のファイルを取りだすことは可能なようです(30世代まで)が、フォルダごとそっくり、古い世代のファイルを取りだすのは難しそうです。(もしかしたらやり方があるのかもしれませんが)

このあたり、どうもBriefcaseという機能がそれに当たるみたいですが、年間$60以上のプランで可能になるようで、もう少し調査が必要です。

セキュリティについて追記

FAQには、データセンターでは軍隊レベルの技術で暗号化して保存していること、PCとサーバーの間もSSLで通信していること、物理的に複数の場所で冗長的に保存していることなどが書かれています。まぁ、書くだけならいくらでも書けますけどね。

会社について追記

運営会社のBackify Internet Ltd.は13827 100Ave, 3110 Surrey, BC, Canada V3T 5L2というカナダのバンクーバー郊外、サレーという場所にあります。が、Google Mapsで見る限り、この住所の周辺は郊外の住宅地です。また、Is Backify (512GB backup for free) also for real?というブログでは、いくつかの疑問を呈しています。つまりクライアントソフトから見て、イギリスのLiveDriveというサイトを再販しているだけではないのか?そもそもこのビジネスモデルでどうやって儲けるつもりなのか?等です。またこのブログでは、Backify.comドメイン(2009年2月にドメイン登録とのこと)の所有者Tarandeep Gillの怪しげな行動についても言及されています。「IE離れにIQが影響」は巧妙な捏造、悪質な宣伝行為の疑いもという記事にある、atCheap.comというサイトを運営するAptiQuantという怪しい会社の所有者が同じくTarandeep Gillだというのです。

大手サーバー機器メーカーがスポンサーになるなど、ある程度信用できる動きになるまでは、当面は大事なデータは預けないほうがいいかもしれませんです(^^;

 

以下に、インストールまでの画面のスナップショットを置いておきます。(雑な画面コピーですけど)

続きを読む

2サイトほど追加

盆明けからすっかり忙しくなってしまって、間が空いてしまいました。

今回は2サイト追加しました。

実は前の更新から数サイト追加していたんですが、アナウンスするまえに新着じゃなくなったので新着リンクから落ちてしまいました。