月別アーカイブ: 2008年2月

「鞄」の漢字が使われている小説 浦の舎みるめ著「鞄」 (明治25年)

久しぶりに、「鞄」の漢字探しの記事です。

国会図書館の近代デジタルアーカイブの品ぞろえがどんどん良くなってきていて、しっかりと見てゆくべき資料も多くなってきている。今日見ていた資料は、「鞄」というタイトルの小説(というより小冊子)である。

タイトル : 鞄
タイトルよみ : カバン
責任表示 : 浦の舎みるめ著
出版事項 : 西浦村(静岡県):大和瀬千秋,明25.10
形態 : 60p;23cm
NDC分類 : 913.6
著者標目 : 浦の舎,みるめ
著者標目よみ : ウラノヤ,ミルメ
全国書誌番号 : 41008670
請求記号 : YDM93333
西暦年 : 1892

この本は、静岡県伊豆国君澤郡西浦村で大和瀬千秋によって明治25年10月に発行された40ページ弱の本である。ざっと読んだところ、小説の体裁をとった旅行ガイドのようなもののようである。熱海、伊豆の宿場町の宿の名前、温泉の効能等が書かれている。

特に鞄に関して何か書いてあるわけでは無いのだが、少し面白いのが、表紙にガマ口の婦人向けの手提げカバンがイラストで書いてあり、ひらがなで「かばん」と書いてあるところ。(文中にはもちろん漢字で鞄と書いてある。)
この時期には、旅行カバンのようなものだけではなく、信玄袋にガマ口をつけたものも鞄と呼んで通じる状態だったのだろうか。

あと、明治16年の「兵卒教程」という教本の中に被服背嚢支給表というタイトルを見つけたのでまた後日レポート予定です。

やんぴー

最近、ヤギの革のことをヤンピーということを知った。これは山羊の中国語読みが転じてヤギ革のことを指すようになったとのこと。

どうも明治初期頃に導入された言い方らしいのだが、これは皮革に関する何らかの技術や文化が中国経由で入ってきた痕跡ともいえそうだ。鞄の語源に関して、中国語由来説には依然懐疑的なのだが、まったくありえない話ではなさそうである。

共有サーバー同居のサイトがわかるサービス

多くのWebサイトは、かなりの大型サイトでない限り、複数のサイトと共有しています。いわゆる共有サーバー、共有ホスティングサービスというやつです。自分達は何もしていないのに、自社のWebサイトが急に遅くなったりした場合、実はそうした同居人が超有名なサイトを開設したり、大量の動画や画像、ゲームプログラムを組み込んだりしているケースがあります。

そういうとき、同じIPアドレスで違うドメインを持っているサイトを探しだす無料サービスがあるので試してみると面白いと思います。(ちょっと高級なサービスになると共有サービスでも別IPアドレスを発行するところがあります。そういうところではこのサービスはちょっと使えません)

My IP Neighbors マイ・IP・ネイバーズ http://www.myipneighbors.com/

久しぶりに数サイト登録

久しぶりに数サイト登録しました。左の新着リンクからどうぞ。

最近は、新規サイトを探して追加するよりも、リンク切れのサイトを探す方が簡単になってきました。独自ドメインを取って活躍されるのはまだいいのですが、せっかく確保した独自ドメインが放置されて他のサイト(海外のドメイン管理会社とかアダルトサイトとか)につながってしまうのは、なんだか寂しい限りです。

会社がなくなり、ビジネスを辞めてしまったのなら仕方が無いのかもしれませんが、それならそうとホームページのトップに書いて店じまいしておいてほしいものです。海外のドメインキーパーの中には1ページだけ工事中等のアナウンスができるサービスがあります。こういうのを使えば、最低限の情報を伝えることができます。そこいらへんは、うまくやってほしいものです。

グルカ(Ghurka)

◆グルカ (Ghurka)

グルカはアメリカの鞄メーカーである。シンプルで飽きの来ないデザイン、環境に配慮した素材、各鞄に刻印された登録番号により修理を保証している等の特徴から、熱心なファンの多いブランドである。アウトドア用のメンズバッグや狩猟用のゲームバッグなど紳士ビジネス向けが中心だが、女性向けのラインアップもある。

◆グルカの歴史

グルカは、1975年にコネチカット州ノーウォークで、Marley Hodgson氏によって創設された。ブランド名のグルカは、英国軍が1800年代にネパールで組織していたグルカ連隊による。(英語ネイティブの発音では「ゲルカ」と聞こえる。また、Ghrukaというつづり方は間違いである。)

Marley Hodgson氏が、グルカ連隊が使用していた鞄をロンドンで見て、耐水性はもとより、悪天候や悪条件に耐えうる上質の鞄を作ろうと考えてデザインしたとされている。

なお、グルカ連隊の存在は、その勇猛さと共に様々な形でファッションに影響を与えており、たとえばToughブランドを創設したジョン・ウォン氏もグルカの影響を受けたといわれており、他にもグルカ・パンツというパンツスタイルや、グルカ・サンダルという履物もある。

1980年代になるとグルカの名前は有名になり、規模拡大が始まる。一時期、当時有名だったトラファルガー(Trafalgar)の製品もOEMで作っていたようである。この時期には、日本ではヤマニというメーカーがトラファルガーのライセンス物を作っており、あちこちで革鞄のライセンス委託製造をしていたようである。(このあたりの歴史は、詳細不明)

日本ではグルカ製品の代名詞として、Ghurka Examiner No.5という端正なブリーフケースがよく知られている。Ghurka Examiner No.5は、男性、女性のどちらが使用しても便利な鞄で、愛好者も多いようである。

◆日本での取り扱い

日本では、かつては高島屋で独占的に取り扱っていたようである。
最近では、主に伊勢丹デパートで取り扱っていたようであるが、寄せられたコメントによると、2007年に取り扱いをやめたようである。
修理に関しては、鞄メーカーの松崎が関与しているとの情報がある。

◆公式サイト、米国直営店について

アメリカのGhurka公式サイトはあるが、日本語サイトや日本語の公式サイトは無い。アメリカの公式サイトでは、インターネット販売もしており、国際配送も可能。また、ネットから申し込めばカタログを入手することができる。

グルカの製品ラインナップには、The Ghurka Original CollectionやLimited Editionがあり、これらはニューヨーク、シカゴ、サンフランシスコのフラッグシップショップや、グルカのWebサイトからのみ購入できます。

(2005/10現在の米国の直営店)
New York

683 Madison Avenue New York, NY 10022
Phone: 212 826-8300 
月、火、水、金、土 10a.m.-6p.m. / 木 10a.m.-7p.m. / 日12p.m.-5p.m.

New York Woodbury Common Store(outlet store)

431 Evergreen Court Central Valley, NY 10917
Phone: 845 928-4943
毎日 10a.m. to 9p.m.

San Francisco of Union Square

170 Post Street San Francisco, CA 94108
 415 392-7267
月から金 10p.m.-7p.m.
土 10p.m.-6p.m.
日 12p.m.-5p.m.

Chicago

645 North Michigan Avenue (at Erie St.) Chicago, IL 60611
312 440-3855
月、火、水、金、土 10a.m-6p.m
木 10a.m.-7p.m
日 12p.m.-5p.m.

東京は朝から雪模様

2008Feb03-Snow-Tokyo昨日は夜、王子駅近くのおでん屋さんでおでんをつまみながら日本酒を少々。おでん屋の大将が「明日は雪になるらしいよ」と言っていたのだけど、まさにそのとおり。帰り道で見上げた夜空もどんより曇っていました。

たぶん夜半過ぎころから雪が降っていたんでしょう。東京は、朝一面の銀世界です。いまも降っています。交通量や人通りの多い道路はまだしも、すこし路地に入ると、数センチの雪が積もっています。近所の神社の鳥居や階段も雪化粧です。

 

 

 

 

 

【本】鞄関係の洋書3冊

The 2006-2011 World Outlook for Luggage Manufacturing

米国のAmazonでは、紙の本以外にPDFドキュメント等も販売しています。Icon Group Internationalがリリースしているワールドワイドのマーケット情報などもそういったものの一つです。The 2006-2011 World Outlook for Luggage Manufacturingは、鞄製造に関するワールドワイドの動向を記したもので、2005年にリリースされたものです。 187ページで795.00ドル(約8万7000円)という価格設定はさすがです。日本にはなかなかこういう世界視点のマーケット調査資料がないというのもさびしい話です。

La beauté en voyage

この本は、フランスのAmazonで販売している本です。日本、アメリカのアマゾンでは見つかりませんでした。中身がどんなのかわかりませんが、序文をJérôme Guerrand-Hermèsが書いているようです。たぶんエルメス創業家一族のひとりです。表紙からして美しい写真がたくさん載っているような気がするのですが、定価100ユーロと言うのは高いなぁ。

ISBN-13: 978-2702206966

Peabody’s Leather Industry (Images of America (Arcadia Publishing))

[tmkm-amazon]0738557315[/tmkm-amazon]
最後は鞄というより皮革産業に関する洋書で、Peabody’s Leather Industry (Images of America (Arcadia Publishing))という本。これは、ボストン北方15kmあたりにあるPeabodyという都市について書かれた本。 Images of Americaは、昔のアメリカの情景を今に伝えるシリーズの一冊で、日本でいえば、明治時代の日本の各地の都市の情景を写真と資料で構成した本という感じになります。

Peabodyという街はアメリカの皮革産業の歴史とともにある街で、ボストンの北部にあります。現在もPeabody Leather Musiumという博物館があります。

http://georgepeabodyhousemuseum.org/

この街は市民戦争のころからは米国を代表する皮革産業都市となっていきました。ところが1872年のボストン大火によって破滅的な打撃を受け、タンナーが散逸してしまいます。そこにA. C. Lawrence Leather Companyが設立され、再び隆盛を取り戻します。写真がふんだんに使われているシリーズですので、昔の貴重な工場の写真もたくさん載っているのではないかと思われます。

鞄の掲示板過去ログ2008年2月

——————————————————————————–
ビギンさんへ 投稿者:おおたがき 投稿日:2008年 2月26日(火)21時17分42秒
リンク集検索を「着物」等で検索してみてください。古布や着物等をバッグに仕立てる工房がいくつかのっています。

——————————————————————————–
オーダーメイドのバッグ 投稿者:ビギン 投稿日:2008年 2月24日(日)22時50分15秒
生地持込でバッグを作ってくれる方を探しています。
生地は正絹です。
出来れば、持ち手など部分的に革等を使って制作をお願いしたいです。
何方かご存知ないでしょうか。
お願い致します。

——————————————————————————–
有り難うございます! 投稿者:a 投稿日:2008年 2月23日(土)12時13分30秒
>SHINさん、おおたがきさん
有り難うございます!!
それですー!
やっぱこの掲示板はすごいです。

——————————————————————————–
ライカのケースの修理 投稿者:長谷川 投稿日:2008年 2月16日(土)18時18分48秒
善介様、ライカのケースの手縫い修理はお引き受けできます。
ご連絡いただければ対応いたします。03-3865-4188 ACA 長谷川

——————————————————————————–
島田栄一さんへ 投稿者:おおたがき 投稿日:2008年 2月12日(火)18時55分42秒
誤りのご指摘、ありがとうございます。
二つの会社が別モノだということ自体、全然気づきませんでした。
早速、鞄スタイル3の説明も書き換えておきます。

——————————————————————————–
カメラケースの修理 投稿者:善介 投稿日:2008年 2月12日(火)18時14分55秒
ライカカメラのハードケースの修理を行っているところがありましたら教えてください。
50年ほど前の品物なのですがどうしても捨てることが出来ません。
カメラのほうは現在も健在に動いて今す。ドイツの製品ですので堅牢ではありますがいかんせん糸が綿でしたので切れてしまいました。宜しく御願いいたします。

神奈川県 藤沢在住

——————————————————————————–
鞄スタイル3の太田垣氏コメントの訂正 投稿者:島田栄一 投稿日:2008年 2月12日(火)14時20分31秒
私は㈱青木で昨年十月まで企画及生産を担当していたものです。鞄スタイル3への太田垣氏のコメントについて一部訂正させていただきます。
鞄スタイル3に青木と共に掲載されていた猪瀬昇氏は猪瀬商店の猪瀬昇氏です。鞄業界ではミガキの猪瀬として有名で、切り(れ)目の鞄を作らせたら日本のメーカーとしてはトップクラス(私見ですがNO.1だと思います)です。
太田垣氏がコメントしていたフラソロティは㈱猪瀬(代表/猪瀬昇一)の系列会社です。
㈱猪瀬も業界では高い評価を得ているメーカーで代表の猪瀬昇一氏は(社)日本鞄協会の現理事長代行です。
業界ではこの二社を区別するため猪瀬商店を荒川(南千住)の猪瀬。㈱猪瀬を堀切の猪瀬と呼び区別いたしております。ご参考までに。

                               Luggage works/島田

——————————————————————————–
OUT OF THE BLUE / Spear Pack 投稿者:keen 投稿日:2008年 2月10日(日)13時17分39秒
ありがとうございます。

そうですね、値引き処分もずいぶん前から行ってますからね。
OUT OF THE BLUEのアイテムの中でも格別、値段の高いバッグ(確かもとの値段が15万くらいだったような、、)
でしたので扱ってたところも少なかった?と思います。

MOTOYAMAさんでも見つけましたが、私が欲しいと思ったときにはBKは売り切れてました。

どなたか未だ残ってるところをご存知でしたら、ぜひご連絡お待ちしてます。

宜しくお願いします!

——————————————————————————–
OUT OF THE BLUEなら 投稿者:YUKI 投稿日:2008年 2月10日(日)00時36分10秒
OUT OF THE BLUEなら上野にあるMOTOYAMAが詳しいですよ。
新ブランド「WELD」も全型紹介されています。

——————————————————————————–
re:Out of The Blue 投稿者:おおたがき 投稿日:2008年 2月 9日(土)23時02分42秒
どうでしょうか。もう処分販売もピークを過ぎてしまったとおもうのですが。
意外と地方の鞄屋さんに残っていたりしていませんかね。
情報お持ちの方、よろしく。

——————————————————————————–
OUT OF THE BLUE / Spear Pack 投稿者:keen 投稿日:2008年 2月 9日(土)19時06分3秒
ネットで探してるうちにここに辿り着きました。
OUT OF THE BLUEのSpear Packのblackを探してます。
どなたか、現在も販売中のお店をご存知無いでしょうか?
販売価格が下がり9万円を少し超える値段だったと思うのですが、、
ご情報お待ちしてます。

——————————————————————————–
NO.5さんへ 投稿者:おおたがき 投稿日:2008年 2月 9日(土)13時21分8秒
ありがとうございます。

鞄ブランドの情報は、物欲ファッション雑誌を除くとネット上でも意外と少ないのが実情です。同じ情報源のネタが劣化コピーされながら広く出回っているような場合もあります。
とはいえ、鞄ブランド自身の情報発信もかなり少ないので、ひとつのブランドに対してまとめてゆくのも結構大変です。

またボチボチ他のブランドのまとめも書いて行くつもりです。

——————————————————————————–

喜 投稿者:NO.5 投稿日:2008年 2月 7日(木)23時58分6秒
1999年のモノマガジンで、使い込まれたNO.5を見て以来ファンとなり、現在、レザーとキャンバスを使用している身としては、グルカの投稿は、大変うれしく思います。ありがとうございました。

——————————————————————————–
NonKYさんへ 投稿者:おおたがき 投稿日:2008年 2月 7日(木)21時16分37秒
私がオーダーをお願いした、マルノさんに問い合わせてみてはいかがでしょう。
http://www.malno.com/

ただ、膝を突き合わせてのオーダーが難しいと思うのでうまくコミュニケーション
が取れないかもしれませんが。

——————————————————————————–
ナイロン製の鞄の・・・ 投稿者:NonKY 投稿日:2008年 2月 4日(月)12時20分42秒
1点ものでかなり我が侭なナイロン製の鞄のオーダーメイドを受け付けている工房を探していますが、なかなか見つかりません。どなたか教えて頂けませんか?

——————————————————————————–
SHINさんへ 投稿者:おおたがき 投稿日:2008年 2月 3日(日)23時43分48秒
たぶんハンズあたりで調達するのが一番速そうな気がします。

あと、角田商店では、卸が中心ですが小売もやっているみたいです。
http://www.towanny.com/

——————————————————————————–
モチンツさんへ 投稿者:おおたがき 投稿日:2008年 2月 3日(日)23時32分30秒
ネットでは時々オークションで出ているみたいですが、販売店で継続的に出ているところは見かけませんね。

ダメモトで直接、GIUDIに問い合わせてみてはどうでしょう。Infoのところからメールで問い合わせることができるようです。
http://www.giudi.it/

——————————————————————————–
GIUDIの取り扱い店 投稿者:モチンツ 投稿日:2008年 2月 2日(土)15時36分49秒
くまさんの嫁さん、GUIDIの取り扱い店はわかりましたか?実は私も探しています。数年前にイベント会場(多くの店が集合した形でいろいろな商品を販売する・この時は京都の質屋さんがメインで質流れ市のようなイベントでした)でGUIDIのバッグと財布を購入しました。購入した店は質屋さんでなく通常のお店でしたが、名刺をなくしてしまい店の場所がわかりません。ただ、ホテルにも入っているといっておりましたので、専門店でなくセレクトショップのような気がします。何方か御存知ないでしょうか?

——————————————————————————–
ディパックの肩パット 投稿者:SHIN 投稿日:2008年 2月 1日(金)01時31分53秒
質問させて下さい。
自分で↓この様なディパックを作製したいのですが、
肩パット部分のクッション材(ウレタン?スポンジ?)を
販売しているお店がありましたら教えて頂きたいです。
出来れば土日営業していている首都圏のお店があれば有難いです。
http://item.rakuten.co.jp/wannado/jansport_t501_377/
http://item.rakuten.co.jp/ee-shopping/od000104/

——————————————————————————–