月別アーカイブ: 2007年6月

Japanbag.com、10年目のリニューアル

久しぶりにWebサイトのリニューアルを行いました。前回はリンク集のデータベース導入が一番大きなサイト構築作業だったのですが、今回は、Web2.0化を目指してみました。とはいっても、実際にはサイトをWiki化とBlog化した程度でコンテンツはあまり変わっていません。

現段階ではまだ前のコンテンツをすべて移行していません。鞄の歴史の話、オーダー体験記などなど。

掲示板の過去ログについては、とりあえずそのまま移しておきました。ただし、全てテキストに移行したので、リンクURL等は消えてしまっています。検索は右側のコンテンツ検索ウィンドウから可能です。

鞄のリンク集については、まだデザインを統合していませんが右のリンク集検索ウィンドウから検索できます。

鞄の歴史の話のうち、調査メモのようなものは、こちらのブログに載せ、ある程度確定した内容はBagpedia.comに載せてゆきたいと思います。

オーダー体験記については、内容そのものは色あせていないので、再構成してこちらのサイトに移動してゆきます。

MIO’S EEYAN 吉田カバン関連情報サイトについては、そのままのURL構成で移動しました。(掲示板は使えません)

鞄の掲示板過去ログ2007年6月

——————————————————————————–
おおたがきさんへ 投稿者:タケ 投稿日:2007年 6月25日(月)21時54分55秒
おおたがきさん、リンクはとても助かりました。
情報ありがとうございました!

——————————————————————————–
(無題) 投稿者:宗一郎 投稿日:2007年 6月25日(月)01時20分24秒
おおたがき様、レスありがとうございます!公式サイトがあったんですね!早速チェックしてみます!ありがとうございました!

——————————————————————————–
まとめレス 投稿者:おおたがき 投稿日:2007年 6月24日(日)14時21分30秒
宗一郎さんへ>
ボブルビーのメガロポリスでしたら、まずはボブルビーの公式サイトをチェックしてください。
http://www.boblbee.co.jp/shop/list.php#area06
東急ハンズに行けば主要なものは揃っていると思います。昔は帝国ホテル(大阪)とか、本町とかにコンセプトストアがあったのですが撤退したみたいです。

geofosilさんへ>
最初投稿を見たとき大上鞄店のことだと思いましたが、あれは戦後の創業ですので、まったく違うようですね。国会図書館のデジタル蔵書ライブラリを丹念に探せば出てくるのかもしれませんが、今のところ見つけられていません。その鞄のタグには他になにか書いてありませんか?手がかりになるかもしれませんので。

タケさんへ>
アディロンの会長さんはサザビー出身だったような。
http://www.adiron.co.jp/
ビームスも元サザビーが関係していると聞いたことがありますが曖昧です。

あと、↓ネットではこういう記事がありました。
http://company.cafeglobe.com/press/release_030303.html

せーいちさんへ>
リンク集ではそれらしきサイトは見当たりませんが、
山岡カバン店という修理をするところなんかだと対応してくれるかもしれません。
http://hanarobo.exblog.jp/2761905

——————————————————————————–
教えてください! 投稿者:せーいち 投稿日:2007年 6月22日(金)00時49分5秒
富山に住んでいるのですが、鞄のオーダーメイドが出来るお店が富山には、ありますか?知っている方、情報をお願いします。

——————————————————————————–
サザビーのデザイナーさん 投稿者:タケ 投稿日:2007年 6月20日(水)22時22分11秒
以前、どこかのオンラインショップで、
“元サザビーのデザイナー方が独立して興したブランド”のバッグを
取り扱っていたような記憶があるのですが、
どなたかその会社の名前をご存知ないでしょうか?
実は私のとても曖昧な記憶でして、
ずっと前にどこかのページで見たような気がしたのですが…。
よろしくお願いいたします。

——————————————————————————–
戦前、神戸元町の大岩鞄店について 投稿者:geofosil 投稿日:2007年 6月19日(火)19時38分59秒
はじめまして。
神戸元町に大岩鞄店と言う店が有ったらしいのですが、今そこの鞄が、部屋にあって、戦前の船積用の大型トランクです。
以前からこんな頑丈な鞄を創った鞄屋の事を知りたくて、情報を集めておりますが、そう言う店が戦前確かに在ったと、言う所までしかわかりません。
どなたか何でもご存知の方ご一報を!!

——————————————————————————–
探してます(><) 投稿者:宗一郎 投稿日:2007年 6月19日(火)00時00分9秒
初めまして(礼)早速ですが質問です。ノートパソコンをばっちりガードできるという、ボブルビーのメガロポリスというリュックを探しています!心当たりのかばん屋に行っても置いてなくて、すごく欲しいんですけど……関西圏で取り扱っているお店を知っているお方、もしよろしければ教えていただけませんでしょうか?よろしくお願いします。

——————————————————————————–
meme555さんへ 投稿者:おおたがき 投稿日:2007年 6月17日(日)23時02分52秒
売価-原価=儲けというのは短絡過ぎます。
私は、25%~30%が儲けているとはあまり思いません。さすがに製造原価が8%ぐらいになってしまうとなにか問題があると思われても仕方ないと思いますが。

一般的に、原価に従業員給料などの販売費や家賃などの管理費を載せてゆくと、製造原価が25%くらいでも、粗利益はほんの少しとなります。40%の製造原価などは、自分の家だからでてくる数字です。また、ホームページを丁寧に作ってもサポートサービスを充実させても販売管理費が増えますから、相対的に製造原価率は下がってしまいます。

日本における他業種との比較については、中小企業庁が出している統計資料を活用すると便利です。たとえば「中小企業の財務指標」などが使えるはずです。
http://www.chusho.meti.go.jp/koukai/chousa/zaimu_sihyou/index.html
私は詳しく見たことがありませんが、日本標準産業分類に準じて統計処理されていますので、分類番号2161で確認すれば、業界の平均的財務状況がわかるはずです。

国外の鞄メーカーがどうなのかは、フランスやイタリアの統計がどうなっているかを調べる必要がありますが、そこいらはちょっとわかりません。

——————————————————————————–
ありがとうございます! 投稿者:meme555 投稿日:2007年 6月17日(日)18時00分50秒
ご丁寧にレス頂いたのにお返事遅れて申し訳ないです。
とても参考になりました。
やはり自分でも色々調べた結果、おおたがきさんのおっしゃる通り25%くらいが妥当で、個人でやっているところで良くて40%くらい。結構儲けているんだなーとも思いつつ、利益だけじゃなく質を追求したブランドがもっと増えてほしい、なんて事を改めて感じたのでした。
それにしても最近バックについて調べれば調べるほどおおたがきさんをよくお見かけします!(笑)応援してます、これからも頑張ってください!

——————————————————————————–
もんもんさんへ 投稿者:おおたがき 投稿日:2007年 6月12日(火)21時56分26秒
やっぱり出勤前に慌てて返事を書くと、舌足らずになってしまいますね。
リニューアル画面になっていたら、7月のリニューアル完了まで”暫く”おまちください、と書きたかったのです(^^;
そのときにはたぶんファイル名も変わっていると思いますが。

——————————————————————————–
おおたがきさんへ 投稿者:もんもん 投稿日:2007年 6月12日(火)10時19分45秒
丁寧なお返事ありがとうございました!
ただ教えていただいたアドレスをクリックしてしばらく待ったら、NOT FOUNDになっちゃいました(T_T)
しかも未解決ってオチが・・・(笑)

——————————————————————————–
もんもんさんへ 投稿者:おおたがき 投稿日:2007年 6月12日(火)07時40分11秒    編集済
掲示板の過去ログはほとんどすべて残していますので、もし、いままでどりの画面が表示されていたら、下記から調べてみてください。リニューアルされた画面になっていたら、暫くお待ち下さい。
ただ過去ログを「柴咲」で探すとたしかに1件見つかるのですが、「未解決」というオチになっています。

/resource/bbslog/bbslogtop.htm

——————————————————————————–
ふる~い話で申し訳ない 投稿者:もんもん 投稿日:2007年 6月11日(月)23時09分25秒
のですが・・・
昔やってたドラマ「グッドラック」で柴咲コウちゃんがしょってた、
こげ茶の革バッグって、どこのメーカーさんのものか分かりますか?
ネットで調べたところ、ここのサイトで2003年に交わされた会話が
あったようなのですが(笑)
もう消えちゃってますねー(;_?)

——————————————————————————–
掲示板はこのままです 投稿者:おおたがき 投稿日:2007年 6月11日(月)07時45分46秒
あ、掲示板は当面このまま続けます。閉鎖はしません。

——————————————————————————–
ホームページリニューアルのお知らせ 投稿者:おおたがき 投稿日:2007年 6月10日(日)23時29分32秒
トップページにも掲示しましたが、近日中にホームページを一旦閉鎖します。今回は、デザインを変更するだけでなく、内容もほとんどリセットします。また、サーバーを引越し、データベースやプログラムも変更しますので1ヶ月ぐらいの閉鎖となる予定です。

太田垣の鞄のリンク集も1997年の開設からまる10年が経ちました。

ITの世界はドッグイヤーともマウスイヤーともいいます。人間の1年が犬にとっては7年に相当することから、めまぐるしく変わるたとえでもあります。そんななかで、10年間も同じ話題でサイトが継続できたことは奇跡に近いのではないかと思います。

1997年頃は、Yahoo!で鞄を検索しても50サイトほどしか登録されておらず、分類カテゴリーも無く、ひたすら日本語検索が不得意な海外の検索エンジンを使って、いろいろなサイトを掘り出すことにそれなりの意味がありました。

しかし、Googleが登場し、検索エンジンの速度や精度が劇的に向上してきた今日において、私のサイトがどれほどの意味を持つのか疑問に感じるようになりました。このままリンク集を続け、質の高いリンク集を維持するという選択肢もありましたが、面白い、ワクワクする新しい鞄関係のサイトに出会う確率が最近では極端に減っていて、誰かにそれを伝えたいという気持ちがあまり起きないようになっていました。

一方で、この10年間にいろいろなことをいろいろな人から教えてもらいました。鞄という素人でも作ろうと思えば作れるモノが、恐ろしく深いフトコロを持っていること。熱心な職人がその魅力を伝えるために素人目には見えない努力をしていること。日本においては鞄そのものと、その言葉、鞄を使う文化について十分に研究されていないこと。ロマンチックに言えば結構ミステリアスだということ。……などです。

そういうことを考えてきて、 サイトを新しくしようと考えました。単にデザインを変更しただけではなく、今までコンテンツをリセットし新しくします。

■ひとつめは、リンク集。これまでどおり、ほとんど同じシステムを提供します。ただし当面、更新頻度はぐっと下げます。いままでは2週間に一度くらいでしたが、たぶん、2ヶ月に一度くらいになります。あ、もしかするとデータを見直したり、なにかプログラムを作って、もっと使いやすいリンク集にするかもしれません。

■ふたつめは、いわゆるブログ。Japanbag.comとしては当面は、こちらに比重を置いてゆければいいなぁと思っています。2002年に鞄に関する本を出版しましたが、それもすでに絶版になっていますし、もうすこし幅広い話題を扱って書いてゆければ面白いと思っています。

■みっつめは、新しい別サイトの構築です。インターネット上および、雑誌などに掲載されている鞄に関する基礎情報源というのは、元をただすと片手で数えるくらいしかなく、それらがなかなか入手しづらいものになっています。毎月、おびただしい量が発行されるファッション雑誌の特集記事等に書かれている情報は、一体何度孫引きされたものか分からないぐらい参照に参照を重ねたものになっているように感じます。そこで鞄に関する百科事典を(みんなで)作ってしまおう、という計画です。ありがたいことにWikipediaというネット上の巨大な百科事典システムがあり、それなりに成功している上、そのソフトはフリーで公開されています。このシステムをつかって鞄の百科事典をつくろうという壮大な計画です。まだ内容より器の方が大きい仕掛けですが、焦らずに充実させてゆきたいと思っています。

——————————————————————————–
ありがとうございます 投稿者:エスコード 投稿日:2007年 6月 7日(木)21時51分49秒
太田垣さま わざわざ調べていただきありがとうございました。
>老舗の鞄メーカーの場合、古臭いイメージを払拭するためにあえて製造元を見せないというのもあるのかも。
私には考えつきませんでした。そういうことってあるんですね!!ご相談して良かったです。このご意見(ヒント)をもとにもう一回探してみます。

——————————————————————————–
Chinashoes&shoetec 2007 Autumn 投稿者:とう 投稿日:2007年 6月 6日(水)14時20分21秒
展示会タイトル 第六回チャイナシューズ&シューテック 秋季 2007
主催 メッセ デュッセルドルフ チャイナ見本市会社、雅式展覧サービス有限会社
開催日 2007年11月28日-31日
会場 中国東莞(厚街)-広東現代国際展示センター
概要 2007年秋季の展示会は700軒の出展社が出展して、出展面積は30.000平方メートルになる見込みです。規模は春の展示会より33%も増します。
展示会URL http://www.chinashoesexpo.com/
http://www.chinashoes.com.cn

——————————————————————————–
>Joshuaさん 投稿者:nash 投稿日:2007年 6月 6日(水)05時36分56秒
ありがとうございます。

http://photos.yahoo.co.jp/ph/nash2nash2nash/vwp?.dir=/e827&.src=ph&.dnm=c70b.jpg&.view=t&.done=http%3a//photos.yahoo.co.jp/ph/nash2nash2nash/lst%3f%26.dir=/e827%26.src=ph%26.view=t

モノはこういう状態です。引き手が完全に破壊されて残ってません。
キーフォルダーのリングで代用中です。

ご提案いただいた1番、2番を含めて5000円から10000円くらいで修理できるならとは
思ってますが。1番の形の修理は引き手に少し空間があり、そこを少しあけて、新しい
引き手を入れて締めればなんとかなるかもしれませんが、素人では無理ですね。

現在の状態でカギはかかりませんが、なんとかお茶を濁してます。

——————————————————————————–
>nashさん(サルサ) 投稿者:joshua 投稿日:2007年 6月 5日(火)06時48分13秒
この例で言うと・・・
http://www.mitsuze.com/direc_3.html
3の「引手」が破損したという事ですよね?

方法としては、
-1.)「引手」のみを取り外し、新品「引手」に交換
-2.)「下止」を取り外し、「スライダー」そのものを交換
-3.)「ファスナー」そのものの縫製を一旦解き、新たな「ファスナー」を縫製し直す
が、あると思いますが、下へ行く程手間が掛かり費用も掛かるでしょう。

で、最初の方法がとれるかどうかは、スライダーの構造にも依ります。

私ならですが、-1.での修理が出来ないなら割り切って、
ステンレスワイヤー+(アルミ)かしめないし圧着端子で、お茶を濁します。
要するにこんなの(↓)の、極めて短く小さいものを作ります。
http://item.rakuten.co.jp/lsshop/slw-4510cl/

——————————————————————————–
リモワの修理 投稿者:生水 商店 投稿日:2007年 6月 4日(月)23時26分32秒
リモワのサルサの修理は鍵の交換になると思います。
代金は
正規品(林五 正規輸入代理店)の商品は約¥3000
並行輸入品は約¥5000です。
納期は3週間前後です。
http://ameyoko.net/showz/item/felisi02.html

——————————————————————————–
生水商店さま 投稿者:nash 投稿日:2007年 6月 4日(月)08時28分25秒
お返事ありがとうございます。すこし希望が持てました。

1件だけ確認したいのですが、スライドハンドルって移動の際に引っ張る持ち手
のことですよね?

私のサルサが壊れたところは、ファスナーについてるスライダーのことで、
開閉の際に手で引っ張ったり、3ナンバーの鍵に引っ掛けたりする部分が
なくなったのです。

現在、キーホルダーのリングをつけて代用してます。カギはかかりませんが。

——————————————————————————–
リモワの修理 投稿者:生水 商店 投稿日:2007年 6月 4日(月)06時46分53秒
リモワのサルサのスライドハンドルの修理は出来ます。
スライドハンドルを交換の修理になります。

正規品(林五 正規輸入代理店)の商品は約¥6000
並行輸入品は約¥10000です。
納期は3週間前後です。

ギャランティーカードがなくても、シリアルNOでどこの国で購入したかわかりますので。
正規品か並行輸入品の判断は出来ます。

当店で修理はお受け出来ます。

生水商店
http://ameyoko.net/showz/
http://ameyoko.net/showz/item/felisi02.html

——————————————————————————–
RIMOWA スライダー交換 投稿者:nash 投稿日:2007年 6月 4日(月)02時51分59秒
はじめまして、太田垣さま、みなさま

米国旅行中にRIMOWAサルサのスライダーの持ち手部分が破壊されてしまいました。
それ以外は特に問題はありません。

これって修理できるようなもんですかね? 1万円以下くらいでなんとかなると
嬉しいのだけど。(悲しいかなギャランティカード不明)

おわかりの方がいたらお教えください。

——————————————————————————–
おおたがき 様へ・・・ 投稿者:ナベ 投稿日:2007年 6月 3日(日)19時09分3秒
アドバイスありがとうございます。
もう一度バッグを調べてみます。

——————————————————————————–
まとめレス 投稿者:おおたがき 投稿日:2007年 6月 3日(日)12時14分24秒
アプトさんへ>
オーダーされた方も、この掲示板見ていただいていますかね。
オーダーされた方が納得できるいいものができるといいですね。
別途リンク集への登録依頼をいただいていますが、既に登録しておりますのでご安心下さい(^^;

エスコードさんへ>
セルヴィッジ、検索エンジンでは沢山ひっかかってきますが、メーカー情報は見えてきませんね。いまのところ私にもよくわからないです。老舗の鞄メーカーの場合、古臭いイメージを払拭するためにあえて製造元を見せないというのもあるのかも。

meme555さんへ>
最近の材料費の高騰やユーロ高で値上がりしている部分などがある程度原価構成のヒントになるでしょうね。会計学的な問題としては、どこまでを含めて製造原価として認識するか問いう問題があると思います。いわゆる販売店への卸値(下代)で見るのか、会計的な製造原価で見るのか、研究開発的な要素や、流通費や広告宣伝費、製造工場の固定費をある程度見るのかによって原価の感覚も違ってくると思います。鞄の場合は、かさばるため、たとえば倉庫などの在庫コストは割高になるでしょうし。

エルメスなどは確かフランスの株式市場に上場していませんでしたっけ? 決算書を見ればある程度の数字はつかめるのではないでしょうか?(販売アイテム別のセグメント数字は出ていないかも)

感覚的に、アパレルだと上代の25~35%くらいだと思いますが、鞄もそのあたりではないでしょうか?

ナベさんへ>
うーん、どこがライセンス製造しているのでしょう?協和バックかなぁ。このあたりは業界の人で無いと分からないですね。ただなんとなく買ったほうが安いというオチになりそうな気もします。

——————————————————————————–
キャリーバッグ修理 投稿者:ナベ 投稿日:2007年 6月 2日(土)17時12分51秒
初めまして
4輪キャリーバッグを使用しておりますが
キャスターが1つ削れて回転しなくなり困っております。
ダンロップの名前が記されており
購入したのは福岡県のデパート「ダイエー」さんです
しかし住んでいるのが東京の錦糸町です。
近くで安く修理可能だと助かるのですが・・・。
アドバイス等ありましたらお願い致します。

——————————————————————————–
鞄の原価について 投稿者:meme555 投稿日:2007年 6月 1日(金)18時33分40秒
こんにちは。

ふと感じたのですが
ヴィトンやエルメスなどのブランドバックは
本体価格に対して製造原価はどのくらいなのでしょうか?

ブランドではなくても50000円くらいの相場のバックは
原価はどのくらいで利益は何割程度なのでしょうか?

どちらもそれぞれピンキリで、原料にもよると思うのですが
例えば革の場合、大体の相場で構いませんので
製造や販売などされている方、お詳しい方いらっしゃれば教えて下さい。

無知な質問でごめんなさい。。(>_<)