月別アーカイブ: 2006年10月

鞄の掲示板過去ログ2006年10月

ご当地商標 投稿者:おおたがき 投稿日:10月28日(土)21時05分39秒

豊岡鞄が無事、地域団体商標(ご当地商標)に登録されるみたいですね。
http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/torikumi/puresu/press_chidan_touroku_satei.htm

——————————————————————————–
シルバーレイククラブその後 投稿者:トーラス@石原 投稿日:10月25日(水)17時53分19秒

太田垣さん、掲示板のみなさまこんにちは。

シルバーレイククラブのヘリンボーンシリーズを販売開始しました。
旅行用ボストンバッグから、普段使いのショルダーバッグやブリーフケースまで、
豊富なラインナップがそろいました。

カーキのほか、ブラックがあるタイプもございます。
防水効果のあるヘリンボーン(杉綾織り)の生地は、使い込むほどに
独特の風合いが出て、長年にわたりご愛用お楽しみいただけるかと存じます。

どうぞ是非お手にとって実感してください!ご来店をお待ちしております。
http://item.rakuten.co.jp/taurus/c/0000000132/

——————————————————————————–
マーク・クロス 投稿者:おおたがき 投稿日:10月21日(土)23時58分43秒

今日、米国の老舗ブランドだったマーク・クロスについて調べていたのですが、再興の動きがあるようです。

1993年にサラ・リーグループが筆記具のCROSSから買収した後、1997年にコーチブランドと競合するため、マーククロス事業を閉鎖。その後暫く休眠ブランドとなっていたのですが、2003年に元トラベルプロのWilkin氏が投資家を募ってサラ・リーからトレードマークを買取り、現在準備中の様子。(ただ、今のところ動きが無いところを見るといろいろ障害があるような感じ)

Front Page

休眠ブランドの取り扱いについてはブランドの知名度の高さとあいまって米国の法曹界ではちょっとした話題であったようで、
http://www.bizjournals.com/southflorida/stories/2001/11/05/story7.html
のあたりに詳しく書かれている。

——————————————————————————–
ありがとうございます。おおたがきさん 投稿者:フェチ 投稿日:10月20日(金)00時54分26秒

はずかしいのですが、またまたおっしゃるとおりです。ずばりポケット過多です。リュックてさげ、斜めがけの3WAYで、部屋が2つあって・・と。 最初はあまりにもアクロバティック(?)だったもので、現実につくろうと見積もれば100万円はかかると言われてしまいました:*:・( ̄∀ ̄)・: それでその後、2,3往復メールのやりとりをして。形を改めて、ポケットを2,3少なくして、実際のオーダー例のこれとこれをいいとこ取りでできないでしょうか・・?といった要望を出しました・・。そして年内は無理でしょうか?といったメールを出したのですが、そのメールから「時間を下さい」で。。一週間です。  最近聞いたはなしによると、一軒アルバイトを募集していた革工芸店があると聞きました。革職人として勉強しながら、仕事できますみたいな。そのうち行きたいな・・とは思っているんですけど・・。近々オーソドキシーさんに直接電話したいと思っています。はずかしながらFAX がないもので(*・・*)

——————————————————————————–
お久しぶりです!! 投稿者:MD 投稿日:10月19日(木)23時45分26秒

太田垣様 ご無沙汰しております。約5年程前に「フランクダニエル」「トラモンターノ」でお世話になったMDです。サラリーマンの宿命である異動により、しばらくカバン関連から遠ざかっていましたが、念願叶って今春より再度カバンを扱う部署に戻ることが出来ました!! 今まで以上にカバンを通じて皆様と楽しく話しができたら…と思ってカキコします。
チョット宣伝です(突然でスイマセン…)
ロールスロイスやベントレー、ジャガー等、欧米の高級乗用車のレザーシートで有名な英国御用達ブランド「CONNOLLY」(コノリー)がいよいよ日本橋高島屋2階紳士特選売場でデビューしました!!
交渉は難航しましたが、メンズビジネスバッグを始め、ドライビンググッズ、トラベル、レディースまで豊富な品数とバリエーションで本国SHOP以外で世界で始めてコーナー展開しています。
これまでロンドン迄お買い求めに行かれていた方、車好きな方等、お近くにお寄りの折は是非一度お立ち寄り下さい!!
太田垣様 また色々とカキコさせて頂くと思いますのでよろしくお願い致します。

——————————————————————————–
フェチさんへ 投稿者:おおたがき 投稿日:10月19日(木)23時03分53秒

そうですか、沖縄からですか。地元には革工芸のお店とか無いのでしょうか?もしあれば、オーダーの練習とでも言いましょうか、コツを掴むことが出来るのですが…。
もしくは、メールではなく、FAXでやり取りするほうが返事が早いかもしれません。

もしよろしければ、フェチさんの複雑なオーダーをここに公開していただき、先方が矛盾点として気にしているところがどこなのかを教えていただければ、なんらかのアドバイスができるかもしれません。

矛盾点として思い浮かぶパターンとしては、鞄全体の強度が保てない、革の厚みを考慮していないといったものがあります。特にポケットや内装過多になる傾向があります。どんなもんでしょうか?

——————————————————————————–
シュンさんへ 投稿者:おおたがき 投稿日:10月19日(木)22時42分33秒

> 何故か革製品を買いたくて仕方ないのです
お勧めは鞄工房で作っている手帳カバーとか文庫本カバーあたりですね。
鞄と同じ革素材で作ったカバーを買えば、ホームページでは良くわからない革の表情がわかりますし、カバーの中で気に入った革で作った鞄を将来手に入れたときにはお揃いになるので、それはそれで楽しいものです。

時期的に今からが一番豊富に種類が出てくるし、ちょっと投資してみていろいろ調べてみてはどうでしょうか?

——————————————————————————–

(無題) 投稿者:フェチ 投稿日:10月19日(木)11時39分5秒

おおたがきさん、ありがとうございました。おっしゃるとおり複雑なオーダーでちょっと敬遠されていた感があります。遠方(沖縄)のため来店が難しく、私の表現力、理解力も乏しく f^_^;・・と問題は山積みです。年内にこの鞄を手にするのはあきらめました。ですが理想の鞄を手に入れるべく、要望を伝えることはあきらめず、ゆっくりすすめていきたいと思います・・・。

——————————————————————————–

(無題) 投稿者:シュン 投稿日:10月19日(木)10時20分55秒

まさにその通り!
>漠然と「鞄を買い換えようかな」ぐらいの感覚
です。何故か革製品を買いたくて仕方ないのです。ストレスからかもしれません。

率直で正直なアドバイスに感謝します。もう一度頭を冷やして出直します
ありがとうございます。

——————————————————————————–

シュンさんへ 投稿者:おおたがき 投稿日:10月18日(水)23時54分53秒

うーん、アドバイスするとしても、まず使い方や目的を提示いただかないと、なんとも言えませんね。その上で、ロイドや、WHC、大峡のどういうところに惹かれているかなど、シュンさんの価値観を教えてもらわないと。「こういうときにこうなると最高なんだけど」という理想形があるのなら、それもいいと思います。ロロピアーナの細番手の上品なスーツとクロケット&ジョーンズの靴で決めたいので、それに合うようなブリーフケースがほしいといった切り口でもいいでしょう。

思うに、オーバーナイターからブリーフケースまで悩みの幅があるということは、漠然と「鞄を買い換えようかな」ぐらいの感覚なのだと思います。もう少し使うシーンのイメージを鞄屋さん等に伝えることが出来るように整理したほうが良いと思います。

——————————————————————————–

re:オーソドキシー 投稿者:おおたがき 投稿日:10月18日(水)23時46分29秒

私はオーソドキシーを使ったことはありませんが、大昔からモバイルPCのヘビーユーザーの間などでは有名な工房です。まぁ、1週間待って音沙汰が無いのであれば、一度状況を聞いてみてはいかがですか?私のカンですが、ある程度複雑なオーダーの場合は、やはり顔を合わせて詰めていったほうがいいと思います。基本的に、職人さんは意思疎通に限界のアルメールでのやり取りを好みません。

Skype等の無料TV電話が職人さんに広がれば、もう少し変わるかもしれませんが、どうも広がりませんね。

あと、スケジュールを決めるためには、素材の調達、制作方式の決定、職人の割り当てなどが必要になるはずですが、それらが決まらないため、返事が出来ないのだと思います。たとえば、「定番商品を少し変更する程度でお願いし、今から制作するとしてあれば年内に間に合うのか?」という質問をしてみて、「ぎりぎりです」とか12月中旬ぐらいですといった答えだとすると、たぶん、商談中の鞄は来年になると思います。

——————————————————————————–

漠然とした質問ですみません 投稿者:シュン 投稿日:10月18日(水)18時30分22秒

レス感謝いたします
ブリーフケースにするか ダレスにするか オーバーナイトにするかさえ決まっていません
ダレスだったらロイドかWHコックス オーバーナイトだったら大峽製にしようと思っていますが
ブリーフケースは多すぎて絞り込めません しかもこれになる可能性が高い(価格と使用頻度からして)

この段階で何かアドバイスありますか?

——————————————————————————–

オーダーメイド 投稿者:フェチ 投稿日:10月18日(水)17時34分33秒

オーソドキシーで鞄を依頼した方いらっしゃいますか?何度かEメールのやりとりのあと、質問事項や妥協案と譲れない点を提示したところ、「ご要望に矛盾点があり時間がほしい」といわれ1週間たちます。こういう場合どのくらい待っていればよいのでしょうか・・・。ちなみに、年内に手に入れることは可能か?の質問にも答えていただけていません。

——————————————————————————–

まとめレス 投稿者:おおたがき 投稿日:10月17日(火)23時09分54秒

シュンさんへ>
私の本を読んでいただき、ありがとうございます。トータルファッションで考えるならば、靴も鞄も売っているようなファッションブランドで統一するとコーディネートとしてはうまくいきやすいですね。服やら時計やら靴やらを個別に見ていくと、全部を身に付けたときにちぐはぐだったりします。最初はどこかのブランドで揃えておいて、そこからバリエーションを増やすなど、いろんなやりかたがあると思います。その第一歩として鞄は取り組みやすいアイテムかもしれません。
あと、お店で迷ったとき、最初に手にとった鞄が意外とベストマッチだったりしますね。

QPPさんへ>
これは私の想像ですが、鞄の内側は、湿気がこもりやすいので革にカビが生えたり、革同士が引っ付くトラブルが起こることがあります。あるいは、革と内容物が引っ付いたりします。布だとそういうトラブルが比較的少ないのだと思います。

私が昔持っていたブリーフケースは内張りも革でしたが2万円(定価4万円)でした。多分流行り廃りの類だと思います。

ファイブウッズクラシックあたりも内張りは豚革ですが、販売終了間近のようです。
http://www.rakuten.co.jp/taurus/459018/
クラシックIIの方は布張りになってしまいます。

——————————————————————————–

おおたがき様へ 投稿者:あおい 投稿日:10月17日(火)22時03分21秒

おおたがき様
調べて頂いてありがとうございました。
革・革・革なのですね(笑)
ありがとうございました。

——————————————————————————–

re素朴な疑問 投稿者:らすかる 投稿日:10月17日(火)20時20分6秒

タニザワのオリジナルバッグは、裏地に総豚革貼りの鞄もありますよ。

作りもアフターメンテナンスも丁寧ですが何十万円もしませんし、お薦めです。

——————————————————————————–

re素朴な疑問 投稿者:u 投稿日:10月17日(火)08時50分21秒

コスト、重量、メーカーのデザイン的イメージ、概ねこの3つが理由だと思いますよ。

——————————————————————————–

素朴な疑問 投稿者:QPP 投稿日:10月16日(月)22時41分45秒

最近、長く使える全てがレザーで作られているビジネス鞄の購入を考えております。
そこで、色々な鞄を見ているのですが、10万、20万円する鞄でも
内装が布地でできている鞄ばかりで、全てがレザーで作られている
鞄がなかなかないように思えてきました。

高級ビジネス鞄でも内装をレザーでなく、布地で仕上げるのには何か
理由があるのでしょうか?
布地を使用するメリットとか、、、。

内装は布地でないと仕上げが難しいんでしょうか?

——————————————————————————–

よろしくお願いします 投稿者:シュン 投稿日:10月16日(月)15時28分23秒

もうすぐ50歳というのに 年甲斐も無くひょんなことから革靴やファッションに興味を持ち始めました。
当然カバンにも関心が及び、古くなったブリーフケースを買い直したくなって 毎日、調査・思案中です。
出張も多いので、銀座の各店・デパートはじめいろいろなカバン屋さんも回りましたが
目移りして迷う一方です。(それに、やはりお値段次第ですし…)

中古で入手した太田垣さんの本は楽しく読みました。
これからいろいろと相談させてください

——————————————————————————–

かなこさんへ 投稿者:おおたがき 投稿日:10月12日(木)21時54分45秒

トップランのホームページをご覧になっていただけましたか?
先にも書きましたようにトップランは「素材の卸会社」です。革素材やクラレ等が製造する布素材等を鞄メーカーに卸している会社のようです。一般消費者の目にトップランの社名が出てくることは普通無いように思います。かなこさんの文章の中にトップランという言葉が突然出てくるので、もしかしたらまったく別の事を指しているのかもしれません。
それとも、鞄の卸売りやOEM供給なんかもやっているのかなぁ。ホームページで見る以上のことは私も分かりませんので…(^^;

——————————————————————————–

ありがとうございました 投稿者:かなこ 投稿日:10月12日(木)09時41分59秒

ありがとうございました。もうひとつ質問しても良いでしょうか?
トップランはメーカーですか?ここの製品は質がよいことの証になるのでしょうか?たとえばファスナーならYKKのように、一流メーカー品と言うことですか?てっきりナイロン生地のグレードのことだと思っていました。他にも有名メーカーがあるのでしょうか?

——————————————————————————–

まとめレス 投稿者:おおたがき 投稿日:10月12日(木)00時27分20秒

よーじさん、佐々木さんへ>
流石にダース仕入れは厳しいですね。
Il Bussetto、うまく入手できるといいですね。楽天市場等で検索してもまったく引っかかりません。やはり絶対数が少ないのかもしれません。

きょうさんへ>
RIMOWAの定番はやはりシルバーですが、ゴールドも結構シブいかんじでいいですよね。

かなこさんへ>
トップランは、素材の卸会社です。
http://www.toprun.co.jp/
おそらく生地が完全防撥水なのでしょう。
厚さについては程度問題はあると思いますが、安くて耐久性の無い生地を使った粗悪品があるというのは正しい指摘だと思います。ただ、最近はパラシュート生地や中空糸等をつかって、薄くて軽くても機能的で丈夫なものもありますし、「例外もある」ということになるでしょうか。

——————————————————————————–

完全防撥水のカバン 投稿者:かなこ 投稿日:10月11日(水)23時44分16秒

太田垣様ありがとうございます。
販売店の商品説明の看板にカバンの機能・特徴として完全防撥水と書いてありました。
子どもの学校で指定されている通学カバン(3WAY)です。
それからトップランというのは何でしょうか?カバンの良し悪しを判断するグレードですか?
その販売店は生地の厚さについても厚い方が強い薄いのは粗悪品だと説明されていましたが、本当でしょうか?

——————————————————————————–

佐々木佳祐さんへ 投稿者:よーじ 投稿日:10月10日(火)13時23分56秒

http://www.innami.com/adotcomdesign/leather/leather.html

こちらにも置いてあるようです。
現在、貴方と私の2人だけなので、ダース購入は諦めました。
個人輸入は一度やってみたいですね。

——————————————————————————–

LEATHER LEDER CUIR PIEL 投稿者:おおたがき 投稿日:10月 8日(日)18時31分31秒    編集済

LEATHER は英語で革
LEDERはドイツ語で革
CUIRはフランス語で革ですので、
PIELもよくわからないけど、スペインかどこかの言葉ではないでしょうか?

——————————————————————————–

素材について 投稿者:あおい 投稿日:10月 8日(日)00時51分33秒

ご存知でしたら教えてください。

LEATHER LEDER CUIR PIELという素材はどんな
革でしょうか?

どうぞよろしくお願いします。

——————————————————————————–

RIMOWA かっちゃいました 投稿者:きょう 投稿日:10月 6日(金)22時48分31秒

初めまして、”きょう”です。
念願のRIMOWAを購入しました。
TOPAS Cabin Trollyを探しまくったんですが、どこにも在庫がなく、
ちょっと(結構)高かったのですが、シャンパンゴールドの
TOPAS Premiumを買っちゃいました。
私は 結構かっこいい色だと思うんですが、皆さんはどう思われ
ますか?

——————————————————————————–

よーじさん へ 私信。 投稿者:佐々木佳祐 投稿日:10月 6日(金)19時38分50秒

共同購入希望ですが お値段はおいくらでしょうか?

——————————————————————————–

シルバーレイククラブ始めました。 投稿者:石原@トーラス 投稿日:10月 5日(木)10時04分4秒

太田垣さん、掲示板のみなさん、こんにちは。石原@トーラスです。

この度、当店ではシルバーレイククラブの高級ラインを販売開始いたしました。
職人泣かせと言われるこだわりのシリーズです。

オイルレザーをはじめ、朱子や、オイルパラフィンステアといった
こだわりの素材と機能性をそうぞ実際に手にとってお確かめください。

もともと釣好きな人たちが集まって作られたこのシリーズです。
ハードな使用にも耐えられるよう、また、防水性などの機能面も
しっかりと考慮し、試行錯誤を繰り返し作り出された
真似の出来ないこだわりが魅力です。

永く使い込むうちに何か違いに気が付いてもらえれば。
そんな思いの詰まったシリーズです。一度ぜひご覧ください。
http://www.rakuten.ne.jp/gold/taurus/slc-top.html

——————————————————————————–

Il Bussetto 投稿者:よーじ 投稿日:10月 5日(木)06時47分6秒

おおたがきさん、鈴木B作さん レスありがとうございます。

生水商店さんはペローニが置いてあるようですね。
ブセットの小銭入れとどっちが本家なのか、品質が良いのか私には判断できませんが
北の鞄四天王の中の人は、ブセットの革を褒めてますね。

早く両方並べてニヤニヤしたいです。
ブセットさんは、一ダースからなら直接売ってくれるそうです。
どなたか一緒に購入しませんか^^

——————————————————————————–

小銭入れ 投稿者:鈴木B作 投稿日:10月 4日(水)15時48分31秒

よーじさんへ アメ横の生水商店にイタリア製で素敵な逸品あります ぜひお問い合わせ願います。

——————————————————————————–

革の表面加工 投稿者:PICO 投稿日:10月 1日(日)22時12分14秒

おおたがきさん レスありがとうございます。

私も,自分なりに調べてみて,最終的には,革の表面の剥がれてきた部分を,採取し,火であぶってみました。するとナイロン製品やプラスチックを燃やしたときに出る,あの独特な異臭がし,ビニールが熔けるかのように,縮みながら燃えていきました。これは完全に石油製品です。たしかに,牛革をどう鞣したって,あんな真っ黒で完全均一でテカテカ,ツルツルになるわけないんですよね。

そしてはげた下地ですが,これが牛革なのかもしれません?。?というのはいわゆるヌメ革のような,目で見て革製品だとわかるようなものではありませんでした。見た感じは,何か人工的な素材のような感じもします。しかしメーカーは牛本革だと記しておりますので・・・??

どちらにしろ,表面がテカテカコーティングされたものは,こういうことがあるのだということが,よく分かりました。今後の選択・購入の参考にしたいと思います。でもそうすると黒テカの革靴って,全部表面はプラ製品加工なのかな?

——————————————————————————–

japanbag.comの今後 投稿者:おおたがき 投稿日:10月 1日(日)12時26分43秒

鞄のリンク集も来年の夏で10周年となるので、8月中旬頃から新しいレンタルサーバーを借りて今、裏で大幅改造作業を行っております。(年間10万円くらいかかるサーバーです。スポンサー様今後ともよろしくです)

ここ最近リンク集やFAQ等のコンテンツ更新が滞ってしまっていますが、悪戦苦闘の末、ようやく昨日システムの基幹部分というかインフラ部分の設定(Apache2.0やphp5やMySQL5)が終わりました。(まだまだやらないといけないことは大量にありますが)

構想では、以前書いたWikipediaのような百科辞典システムになります。FAQはそちらに吸収しようかとも考えています。

まだ、リンク集のデータベースシステムを移植しないといけないのですが、これも結構大変そうな作業です。今の検索も使う人にはいろいろ不便だと思うので、盛り込みたい機能もあるのですが、なかなか手が追いつきません。

半年後くらいにリニューアルオープンできれば御の字で、たぶん8月くらいになりそうな予感がします。(^^;

——————————————————————————–

re:ダイヤル錠 投稿者:おおたがき 投稿日:10月 1日(日)12時11分0秒

ダイヤル3桁の場合は、joshuaさんが書かれているように、ひたすらトライです。

——————————————————————————–

re:Il Bussetto 投稿者:おおたがき 投稿日:10月 1日(日)12時07分48秒

ネットで探すとイタリア個人旅行なんかで立ち寄るスポットになっているようですね。
ホームページには販売店リストなどは無いので、イタリア洋品を扱う輸入業者が本業のついでにちょっと纏め買いして日本で売っている程度ではないかと想像します。
で、問題はそういう輸入業者がどこかってことですよねぇ(^^;

——————————————————————————–

re:ル・タヌアの表面が剥がれる 投稿者:おおたがき 投稿日:10月 1日(日)11時40分53秒

革の加工については正直詳しくないのですが、「エナメル仕上げ」や「顔料仕上げ」というやつかもしれません。そうだとすれば表面のはがれた部分はウレタン樹脂などの塗料だと思います。

たとえば、「芯通しで染めた革」といった説明がある革であれば表面も革の内側も同じ染料で染めてあるので、表面に塗料を塗る必要も無く、キズが付いてもあまり目立ちません。ヌメ革など「経年変化が楽しめる」と説明している鞄なども、表面が剥がれることはありません。(その代わり革自体キズかつきやすいはずです)

そこそこの価格の鞄を扱っている良心的な鞄屋さんでは、経年変化でどうなるかをきちんと説明してくれます。メーカー直営ならそういう鞄や革を見せてくれる場合もありりします。お探しの候補の中ではソメスの直営店が青山にありますので相談しやすいかも知れません。(PICOさんのところからは少し遠いかもしれませんが)

↓このあたり、参考になるかもしれません。
http://www.vzhyogo.com/vzevent/zatugaku/leatherjyouhou/kd-hikaku.html

——————————————————————————–

Re:>小太郎 さん 投稿者:joshua 投稿日:10月 1日(日)10時07分34秒

>どうしたら解決するでしょうか?
既にお試しかも知れませんが、定番回答は「千通り試してみましょう」です。
根気こそ要りますが、三桁ならさほど時間は掛かりません。

心当たりの番号がおありなら、そこいらを基準に試すと一時間も掛からないかも知れません。

ぼちぼちFAQ入りさせましょうか?>おおたがき さん

——————————————————————————–