【雑談】xtra-pcは日本語化していないので注意

鞄以外の話題ですが、ネット上で意外と人柱が見当たらないので、少し書いておきます。

2500円のパソコンという触れ込みでネットで広告を出している、xtra-pcというものを入手しました。

これは8GBのSAN-DISK(市価400円くらい)のUSBメモリに少しカスタマイズしたLinux媒体(Lubuntu+LXDE)が収められていて、8GB版の場合は、25ドル+送料で売っています。

結論

結論を先に書いておくと、Linuxの日本語化知識が無いと、日本語では使えないです。しかしLinuxを日本語かできる能力があれば、usb-creator等のツールを使って、自力でUbuntuのブートUSBを作ってしまえるのではないかと思います。

できれば、起動時にランゲージとか国を選ぶメニューがあって、適切なアップデートが施されるようであれば、日本でも多少は需要があるのではないかと思います。起動時にMS Officeへの加入を推奨するプロセスなんかを加えて、PCのCドライブの文書を全部Office Onlineに吸い出しても良いかもしれません。

インストール

インストールはWindowsXP等のパソコンに差し込み、PCの起動時に起動媒体選択画面を表示させ、USBメモリを選ぶだけです。初回は管理者用のパスワード登録が必要ですが、2回目以降は不要です。

英語圏なら3分ほどでWebブラウジング(Firefox)、メール(Thunderbird)、オフィス(OpenOffice)が使えるので良いかもしれません。3分もすれば、デスクトップにはfacebook等のアイコンまで準備されます。

しかし、このままでは日本語表示はなんとかできるものの、メニューは全部英語で、日本語入力もできません。その上、Ubuntuの普通の設定機能が隠蔽されていて、CTRL+ALT+Tでターミナルを起動しなければ、設定もままなりません。

日本語化

日本語化は少々めんどくさいです。
初期インストール状態では、日本語入力はできないものの、Firefoxで日本語表示はできます。

日本語化の手順ですが、私はまず、メニューのLocal Administratorの中にあるSynaptic Package Managerで、ざっくりと日本語に関係しそうなものに対しアバウトにUpdateを掛けました。

次に、Ubuntu 14.04 LTSのJapanese Teamのパッケージレポジトリをターミナルからコマンドを叩いて追加し、Anthyを入れたら日本語入力ができるようになりました。入力メソッドの切り替えは、CTRL+SPACEです。

USBのパーテーションを確認してみると、
sudo parted -l

モデル: SanDisk Cruzer Fit (scsi)
ディスク /dev/sdb: 8003MB
セクタサイズ (論理/物理): 512B/512B
パーティションテーブル: msdos

番号 開始 終了 サイズ タイプ ファイルシステム フラグ
1 1049kB 50.3MB 49.3MB primary fat32
2 50.3MB 6050MB 6000MB primary ext4 boot
3 6051MB 8002MB 1950MB extended
となっています。

PCのハードディスクも自動でマウントしてくれるので、ハードディスクの中のドキュメントなどを吸い出して、クラウドにアップロードしてしまうのも良いと思います。

 

201612extrapc02

ブツはものすごく小さいです。無線マウスのUSB側というと大体雰囲気がわかると思います。

201612extrapc01

パッケージは簡素です。USBメモリを販売しているプラケースをそのまま使っているように思います。マニュアルはここに書いている内容ですべてです。電源を切って、USBメモリを挿して、起動時にUSBを選択したら完了。ぐらいのことしか書いてありません。

201612extrapc05

PC起動時にFキー(私のIBM PCの場合はF12キー)を押して、起動ドライブの選択画面を表示させます。USBが選択肢に出てきます。

201612extrapc04

この画面は、Synaptic Package Managerで、ざっくりと日本語化したあとの画面です。まだUbuntu 14.04 LTS Japanese Teamを当てる前です。

201612extrapc03

おなじくUbuntu 14.04 LTS Japanese Teamを当てる前です。ふつう、このあたりに設定用のメニューがあるはずなのですが、見当たりません。