今年もお世話になりました

今年は後半、個人的に忙しくてほとんど更新できませんでした。

古山浩一さんの「鞄の達人」もすでに入手して読んでいるのですが、感想文を書く時間がなかなかとれないまま年越しになりそうです。

この1-2年で鞄を取り巻くビジネススタイルがいろいろ変わってきているように思います。この激動の時代、新しい鞄のスタイルや使い方、価値観が生まれてくるのではないかという期待もあります。

100年間蓄積してきた日本の鞄作りのノウハウを、温故知新の精神で私たちユーザーに還元してもらえるとうれしいのですが。