夏の荷物

最近、夏になると、CO2削減やクールビズが”中途半端”に浸透してきているので、客先によってはネクタイを締めたり外したりしないといけない。背広だって着たり脱いだりと忙しい。大手企業(特に製造メーカー系)や官公庁だと、ネクタイを締めて背広を着ていると、なんだか後ろめたい視線を感じるぐらいである。

そんなとき、背広やネクタイをうまく収納できる鞄があればいいのになぁと思うことがある。ガーメントバッグじゃ大げさすぎるし、二本手のブリーフケースの持ち手の間に挟み込むには狭すぎる。はやくクールビズの衣替えが根付いてくれればこんな気苦労もなくなるのだが、当面はそうもいかないような気がする。