ビジネスバックパック探しの続き3

今度は、池袋のILMSでサムソナイトの新作、フリーマインダーフレックス(Freeminder Flex)を見てきた。このシリーズにもバックパック(ICT XP)があり、なかなか良さげである。Pro-DLXが3万も5万もすることを考えると、14,700円という値段も手ごろである。

こう見てゆくと、Samsoniteの現在のラインナップでビジネス向けのバックパックは以下の3つとなる。

Pro-DLX Laptop Backpack (M) 42,000円 33.0cm × 40.0cm × 20.5cm 1.2kg
Proteo Laptop Backpack 19,950円  34.0cm x 44.0cm x 20.0cm 1.06kg
Freeminder Flex Backpack (L) ICT-XP 14,700円  31cm x 45.5cm x 19/21cm 0.94kg

 Pro-DLX は、あらゆる面でゴージャスである。そのかわり重たい。Freeminderは、純粋なビジネス用ではなくもうすこしカジュアルに傾いている。Freeminderは、(文字で表現するのが難しいが)容量を拡大する方法がとてもユニークである。南京錠も付いてこの値段である。

Proteoは2007年投入の商品だったと記憶しているが、FreeminderとPro-DLXの間にあるビジネスショルダーとなろう。南京錠なども別売なので、Freeminderと同じ装備とするなら2万円台に乗ることになる。

上部のハンドルもそれぞれ値段相応の感触になっている。

Freeminder Flexは、なかなか良いのだが唯一不満なところは、逆U字型の大きなポケットのファスナーのスライダーがメイン以外は2個使いではなく、1個で開け閉めするようになっているところである。ポケット部分はさまざまな姿勢で頻繁に出し入れする場所なので、できれば好きな場所に開口部を持っておきたいのである。例えば鞄を体の左側において、中のものをゴソゴソ探すとき、鞄の右側だけに開口部を設けたいのである。もし左から右へぐるりと開けないといけないとしたら、中身を他の人にさらすことになってしまう。

さすがにPro-DLXだとそのあたりもうまく消化してくれている。

あとは、この日米価格差をどうしてくれよう、ということ。これじゃ並行輸入品を探したくなるような感じである。