グルカ(Ghurka)

◆グルカ (Ghurka)

グルカはアメリカの鞄メーカーである。シンプルで飽きの来ないデザイン、環境に配慮した素材、各鞄に刻印された登録番号により修理を保証している等の特徴から、熱心なファンの多いブランドである。アウトドア用のメンズバッグや狩猟用のゲームバッグなど紳士ビジネス向けが中心だが、女性向けのラインアップもある。

◆グルカの歴史

グルカは、1975年にコネチカット州ノーウォークで、Marley Hodgson氏によって創設された。ブランド名のグルカは、英国軍が1800年代にネパールで組織していたグルカ連隊による。(英語ネイティブの発音では「ゲルカ」と聞こえる。また、Ghrukaというつづり方は間違いである。)

Marley Hodgson氏が、グルカ連隊が使用していた鞄をロンドンで見て、耐水性はもとより、悪天候や悪条件に耐えうる上質の鞄を作ろうと考えてデザインしたとされている。

なお、グルカ連隊の存在は、その勇猛さと共に様々な形でファッションに影響を与えており、たとえばToughブランドを創設したジョン・ウォン氏もグルカの影響を受けたといわれており、他にもグルカ・パンツというパンツスタイルや、グルカ・サンダルという履物もある。

1980年代になるとグルカの名前は有名になり、規模拡大が始まる。一時期、当時有名だったトラファルガー(Trafalgar)の製品もOEMで作っていたようである。この時期には、日本ではヤマニというメーカーがトラファルガーのライセンス物を作っており、あちこちで革鞄のライセンス委託製造をしていたようである。(このあたりの歴史は、詳細不明)

日本ではグルカ製品の代名詞として、Ghurka Examiner No.5という端正なブリーフケースがよく知られている。Ghurka Examiner No.5は、男性、女性のどちらが使用しても便利な鞄で、愛好者も多いようである。

◆日本での取り扱い

日本では、かつては高島屋で独占的に取り扱っていたようである。
最近では、主に伊勢丹デパートで取り扱っていたようであるが、寄せられたコメントによると、2007年に取り扱いをやめたようである。
修理に関しては、鞄メーカーの松崎が関与しているとの情報がある。

◆公式サイト、米国直営店について

アメリカのGhurka公式サイトはあるが、日本語サイトや日本語の公式サイトは無い。アメリカの公式サイトでは、インターネット販売もしており、国際配送も可能。また、ネットから申し込めばカタログを入手することができる。

グルカの製品ラインナップには、The Ghurka Original CollectionやLimited Editionがあり、これらはニューヨーク、シカゴ、サンフランシスコのフラッグシップショップや、グルカのWebサイトからのみ購入できます。

(2005/10現在の米国の直営店)
New York

683 Madison Avenue New York, NY 10022
Phone: 212 826-8300 
月、火、水、金、土 10a.m.-6p.m. / 木 10a.m.-7p.m. / 日12p.m.-5p.m.

New York Woodbury Common Store(outlet store)

431 Evergreen Court Central Valley, NY 10917
Phone: 845 928-4943
毎日 10a.m. to 9p.m.

San Francisco of Union Square

170 Post Street San Francisco, CA 94108
 415 392-7267
月から金 10p.m.-7p.m.
土 10p.m.-6p.m.
日 12p.m.-5p.m.

Chicago

645 North Michigan Avenue (at Erie St.) Chicago, IL 60611
312 440-3855
月、火、水、金、土 10a.m-6p.m
木 10a.m.-7p.m
日 12p.m.-5p.m.