ホテルに置いたスーツケースやバックパックを守る方法

◆柔らかいバッグに鍵をかけるときに注意すべきこと 

日本では日常的にバッグに鍵をかけて使っているという人はいないと思います。スーツケースやアルミケースならまだしも、柔らかいバッグなどではなおさらです。しかし、危険の付きまとう海外ではできれば鍵をかけておいたほうがよい場合があります。たとえばホテルにスーツケースを置いておき、軽装で外に遊びに行く場合、スーツケースに鍵をかけておいたりします。では、リュックやボストンバッグのようなやわらかいバッグの場合はどうでしょう。もちろん鍵をかけておいたほうが良いのですが、実はちょっとした盲点のような、落とし穴があります。

 

上の写真を見てください。これはごく普通の鞄のジッパーの引き手のところに、鍵をとりつけたところです。このように2つの引き手が1本のジッパーの上にあるパターンは、リュックなどでは良く見られる形状です。鍵はしっかりとかかっていますが…… じつは、このような鍵の掛け方は、ほとんど鍵の役割を果たしていないのです。

 

上の写真を見てください。ポテトチップスの袋を開けるみたいに、鞄本体を左右に開いてゆくと、どんなに頑丈な鍵でも、あっというまに口がおおきくひらいてしまいます。 なんの道具も使わずに、子供でも数秒でこうやって開くことができます。鍵をかけているからと、安心していると、中身をそっくりやられてしまったりする可能性があります。

ただ、これをあるていど防ぐ方法もあります。中に硬い間仕切りを入れておくと、鞄の口は大きく広がりません。

◆きちんとしたロック機構のあるバッグのファスナー

こうした防犯上の設計がきちんとできているコンピューターケースなどは、中に無骨なほど大きな間仕切りが入っていたり、ファスナー周りが広がらないように硬くつくられていたりします。それでも心配な人は、ロックすることを最初から想定してある鞄を買うようにしましょう。

  

上記のように、2つのファスナーを交差させた根元に鍵を通すことができるようにしてあるにしてあるものや、下の写真のようにファスナー自体にロックが付いているものがあります。(ただし、どの製品を買っても同じ鍵なので、単にファスナーが止まるだけの気休め程度の機構ですが)

◆より本格的な対策 

バックパッカーなどがよく使っているのは、金網でバッグ全体を覆い、ワイヤーで柱などに固定するPacsafeの製品です。1999年にバックパッカー向けの専門誌でEditor’s Choiceを受賞したアイデア商品です。

そしてそれをバッグ内部に仕込んだ製品もあります。pacsafeのeXomeshという機構がそれです。バックパック全体にメッシュの金網が張り巡らされていて、それを引っ掛ける口が一か所あり、そこにワイヤーを通すと、メッシュがバックパック全体を守るという機構です。

見かけは何の変哲もないバッグだけど、中身は結構すごいという面白いバッグです。こういうのを飛行機の持ち物検査に通したら、検査する人はどういう反応をするんでしょうね。

楽山荘のホームページにあるpacsafe commuter safe 100の説明が結構わかりやすいので載せておきます。

pacsafe(パックセーフ) コミューターセーフ100

これであれば、海外に多い、バッグを切り裂いて中身を盗ってしまうようなスリにも対抗できるのではないかと思います。

日本の代理店AandF社のpacsafe製品の説明ページ

Pacsafeの製造元、Outpac Designs社のホームページ(英語)