鞄をオーダーするときに気をつけること(その6)

◆サンプル、試作、プロトタイプにいくらお金を掛ける意思があるかをハッキリさせる

鞄をオーダーする者にとって、一番不安なのはオーダーをしてから出来上がるまでの時間です。「ほんとうにあの説明でこちらの意図は伝わったのだろうか」と後悔するのは大抵、打ち合わせを済まし、「じゃあそれで作りましょう!あとは半年お待ちください」と、オーダーした後の話です。

実は小さな鞄工房であれば、バックオーダーの制作があるので、「半年待ち」の場合であれば、数か月は多少の設計変更は可能なのです。ただ、そのオーダーのために革を仕入れたり、金具を発注したりしている場合もあるので、時間が経つにつれて、変更は利かなくなってきます。ただ、できるだけそういった変更はしない方がお互いいいですし、悩みだすとあれこれ止まらなくなる場合もあり、それは鞄工房にとってはいい迷惑です。また、オーダーしてから出来上がるまでの間に期待が膨らみすぎて、オーダー時の会話を忘れている人もいます。そうなると、出来上がってきたときに「こんなの注文したかなぁ?イメージと違う!」ということになってしまいます。

そこで、鞄工房はいろんな方法でサンプルや試作、プロトタイプを提供し、出来上がりのイメージを具体的につかめるように工夫をしています。紙やプラスチック、安い革等で実物大の模型を作って確認する職人、ほぼ同品質の革で試作品を作ってしまう職人、スケッチ画を何枚も書いてくれる職人等。

こうした説明は素人目にはとても親切でわかりやすくなります。ただ、こうした作業は場合によっては鞄を1個別に作るのと同じだけの労力をかけているわけで、コストもばかになりません。超高級品を扱う工房などでは、金具の設計から試作をはじめて、軽自動車が買えるくらいのコストを鞄1個の値段に載せてくる場合もあります。既存の型紙であればその三分の一程度の価格で済んでいたかもしれません。ほとんど研究開発費です。また試作ができたら、それを実際に見にゆき、コンセプトとずれていないかどうか、真剣に打ち合わせをするのも、発注者の義務です。

こうした実際の鞄制作作業にかかる原価や工賃以外の労力に幾らお金を払う気があるのか、そこの意志はある程度はっきり示す必要があるでしょう。一回プロトタイプを作ってもらったら、そこで相応のお金を払うといった覚悟があったほうがいいでしょう。